全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

日ごろから水を大事に 「節水の日」新得小で出前授業

災害時に備え、給水体験に臨む児童

 「しんとく節水の日」の31日、新得小学校(高瀬悟史校長、児童212人)で町職員による出前講座が行われた。2016年夏の台風災害を教訓に、子どもたちが被災時に役立つ水道の知識などを身に付けた。

 新得では2年前のこの日、市街地を中心に2636世帯(人口の8割)で約3週間にわたる断水が始まった。「節水の日」は、被災・断水の記憶を風化させず、毎年この日に節水を呼び掛けながら、町全体で限られた水資源の大切さを共有して再確認する。町の子ども議会で提案を受け、昨年制定した。

 新得小には午前11時すぎ、町施設課の職員4人が訪問。6年生39人に、節水の方法として蛇口を小まめに閉めることなどを紹介し、「日頃から意識できれば、いざというときにも慌てず行動できる」と呼び掛けた。

 また、被災時の断水状況を写真で振り返り、ビニール製給水袋(6リットル)を使って給水車から水を入れる体験にも臨んだ。児童は給水袋にひもを通し、「重い、重い」と声を上げながら背負っていた。男子児童は「消防署の前で毎日給水していたことを思い出した。当時は皿を洗うのも大変で、水は大切だと改めて感じた」と話した。

関連記事

鹿児島ご当地アイドル日本一 奄美観光大使のサザン☆クロス

 鹿児島県の観光PRアイドルグループ・サザン☆クロスが東京都で11月24日に開催された「ご当地アイドル№1決定戦~U・M・Uアワード2018」(ザ・クロス主催)で、見事グランプリに輝いた。審査員賞...

荘内日報社

“魚介類の楽園づくり”に光

 「環境と社会によい暮らし」に関わる活動や取り組みを募集し紹介、表彰する環境省制定「第6回グッドライフアワード」で、海洋生物の保全活動に取り組んでいる酒田市のNPO法人・みなと研究会(守屋元志代表理...

紀伊民報社

どんな本かはお楽しみ 「福袋」貸し出し

 和歌山県田辺市東陽の市立図書館は、司書がお薦めする本を入れた「福袋」を貸し出している。どんな本かは、借りてからのお楽しみ。未知の作品に出合えるわくわく感が楽しめる。  好みのジャンルを飛び越え...

民族共生象徴空間の愛称は「ウポポイ」に 札幌、白老、室蘭で500日前セレ..

 2020年4月24日に白老町でオープンする「民族共生象徴空間」の開設500日前カウントダウンセレモニー(道主催)が11日、札幌市中央区のホテルで開かれ、政府が全国から一般投票を受け付けた象徴空...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク