全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

10日から常盤公園でチームラボの企画

壁面に映し出されたダチョウや、光の物体を鑑賞する関係者たち(世界を旅する植物館で)

 デジタルアート集団・チームラボによるイベント「世界を旅する植物と、花と共に生きる動物たち」(山口県宇部市主催)は、10日から11月4日まで夜のときわミュージアム「世界を旅する植物館」で開かれる。映し出される大型動物と館内植物のコラボでサファリ感覚が味わえるほか、呼応する光の物体が織りなす幻想的な世界観が楽しめる。あすは午後6時からオープニングセレモニーが同館入り口であり、チームラボの猪子寿之代表と同館監修者の西畠清順さんが見どころについてトークショーを繰り広げる。常盤公園の夏・秋のキャンペーンの目玉企画。チームラボが同館でイベントを開くのは2回目。デジタルアートを映し出すプロジェクターは、昨年より14台多い計33台を設置し、作品全体をスケールアップをさせている。第35回全国都市緑化やまぐちフェア(山口ゆめ花博)との連携効果を見込んで、会期は前回より35日間長い87日間。来場者数も昨年の1万9586人を上回る3万人を目標としている。

 今回登場するデジタルアートの動物たちは計30種類。熱帯の木々の間から、体が花でできたキリンやゾウ、ダチョウたちが垣間見られ、足元にはカラフルなワニやトカゲがはい回って、まるで野生生物がすむジャングルを冒険しているようなワクワク感が味わえる。サボテンのゾーンや中庭からも、ゆったりと行き交う動物たちが見られる。中庭には、呼応する光の物体が多数配置されており、人が触れたり押したりすることによって色、輝き、音色が変化する。8日は、常盤公園の関係者ら30人を集めて内覧会が行われた。市ときわ公園課の桝冨一之さんは「投影面積は1941平方メートル。壁面も大きく使って映し出すので、それ以上の迫力と豪華さがある。動物たちの体の中で花々が生まれて咲き誇り、散っていく物語を楽しんで」と来場を呼び掛けている。開催時間は午後7~10時(入館は9時半まで)。料金は一般500円、高校生以下無料(小学生以下は保護者同伴)。

関連記事

紀伊民報社

好天に漂う梅の香り 南部梅林

 天候に恵まれた3連休中日の10日、和歌山県みなべ町晩稲の南部梅林は多くの家族連れらでにぎわった。花は五分咲きで、ばらつきがあるが、満開に近い木もある。次の週末に見頃を迎えそうだ。  世界農業遺...

奄美の黒糖焼酎も好評 東京で「かごしま食の大交流会」

 鹿児島県の特産品と観光の魅力をアピールする「かごしま食の大交流会inTOKYО」が1月31日、東京都内のホテルであった。日本一の評価を受けた鹿児島黒牛とともに、2020年の世界自然遺産登録を目指...

突き出すキノコ氷 上士幌の糠平湖

 氷を載せた切り株が並ぶ、上士幌町糠平湖の冬の風物詩「キノコ氷」が今年もお目見えした。厳しい自然環境が生み出す氷の造形が、釣り人や観光客らの目を楽しませている。  糠平湖は1955年、原生林を...

長野日報社

今季出現「厳しそう」 諏訪湖の御神渡り

 諏訪湖を覆った氷がせり上がる「御神渡り」の判定と神事を担う八剱神社(諏訪市小和田)の関係者は30日朝、氷の状況を確認した。宮坂清宮司(68)は「今の状況だと(今季の)全面結氷は厳しい」と語り、2...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク