全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

クジラと楽しむ海水浴

海水浴客のすぐそばを泳ぐハナゴンドウ(12日、太地町で)

 太地町の「くじら浜海水浴場」で12日から、ハナゴンドウと一緒に泳ぐことができる体験が始まった。1日2回、いけすから放たれた2頭のハナゴンドウが海水浴客のすぐそばを泳ぐ。8月20日までで、入場は無料。  「くじらに出会える海水浴場」という取り組みで、町が2008年に始め、今年で11回目。海水浴場に設けたいけすの中で雄のシロ(体長292センチ、推定体重332キロ)と雌のサツキ(体長280センチ、推定体重320キロ)を公開しており、午前11時と午後1時ごろにいけすから放つ。時間は15分ほど。  初回の海水浴客は10人ほどで、2頭がすぐそばを泳ぐと「すごい」などと歓声が上がった。学校の休みを利用し、家族3人で訪れていた奈良市の小学4年生、小谷祥生君(10)は「思ったより大きくて初めは怖かったけど、楽しかった」と笑顔で話した。  問い合わせは、太地町産業建設課(0735・59・2335)へ。

関連記事

家がない! 工事関係者増で賃貸不足 奄美市、異動シーズン危惧の声

 異動シーズンを前に、鹿児島県奄美市名瀬市街地の賃貸物件に空室がない事態が起きている。背景には奄美市新庁舎や、3月に完了予定の陸上自衛隊の駐屯地建設など、地域外労働者の宿舎不足が影響しているとみ...

自慢のそり 幕別・忠類快走

 自作そりでコースを滑り降りる「第36回忠類ナウマン全道そり大会」(実行委主催)が17日、幕別町営忠類白銀台スキー場の特設会場で開かれた。管内外から39台のオリジナルそりが登場し、観客から大き...

将来のまちづくり提案 児童生徒が意見交わす 石垣市民憲章推進協議会

 石垣市内の子どもたちが住みよい街づくりを考えるワークショップ(石垣市民憲章推進協議会主催)が16日午後、石垣市健康福祉センター視聴覚室で開かれ、平真小学校の児童と石垣第二中学校の生徒計33人が「...

長野日報社

「居酒屋公民館」を体感 伊那市横山で交流ツアー

 伊那市横山で16日、横山公民館での寄り合い「居酒屋公民館」を体感してもらう交流ツアーがあった。市内外からの参加者と横山区民、市職員ら約40人が、住民たちが用意した心づくしの料理を囲んで歓談。...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク