全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

マスクメロン出荷始まる

田原産の高級メロン

 県内一のメロンの産地・田原市で高級メロン、マスクメロン(アールスメロン)の出荷が始まった。名古屋を中心に関東、関西の市場に送られ、夏の味覚が店頭に並ぶ。  網目模様が特徴のマスクメロンは一株に1玉だけを丁寧に育て、とろけるような甘さと芳醇な香りで「果物の王様」として知られる。  田原市では、JA愛知みなみアールスメロン部会(68人)があり、6月下旬から8月下旬頃まで収穫している。  部会員の山本健さん(54)方では、約4300平方㍍で栽培。6月29日から収穫し、出荷を始めた。伊良湖町の温室では、山本さんらが日の出とともに作業を開始、収穫期を迎えたマスクメロンのT字型のつるを切り、慎重に一輪車へ乗せて運搬、コンテナへと入れる。その後、JA愛知みなみの選果場へ持ち込む。  「朝採りは水分をたくさん含んでいて、うまみが多い」と山本さん。「今年は天候に恵まれ、出来栄えがいい。甘くておいしく、見た目もきれいなメロンなので、ぜひ味わって」と話している。8月中旬まで約8500玉の出荷を予定している。  田原産のマスクメロンは中元シーズンと盆前が出荷の最盛期。今月と8月は、JA愛知みなみの直売所でも販売される。

関連記事

鵜飼U子さん「特別切手シート」販売

本紙4コマ漫画「東さんち」連載5000回突破記念  東愛知新聞の4コマ漫画「東(ひがし)さんち」が連載5000回を超えたのを記念して作者の鵜飼U子さんが「特別切手シート」を作成しました。注文は郵...

紀伊民報社

「南高」の梅干し 塩にこだわり商品化へ

 県農の子会社である和歌山ノーキョー食品工業(本社・海南市)は、紀南地方で栽培が盛んな梅の主力品種「南高」の梅干しを、基本的な原料である塩にこだわって商品化に乗り出した。全国の約50種の塩で試作...

荘内日報社

小堅保育園児 地域と一緒に育てた在来野菜 「波渡なす」ミュージカルに

 ぼくたちのおなかでそだてたなすが ぼくといっしょにおおきくなった♪―。鶴岡市の小堅保育園(土岐育子園長、園児17人)の園児たちが、地域の人たちと交流しながら育てた在来作物「波渡(はと)なす」を取り上...

出来秋!胆振東部の農家に不安の声 収穫への影響懸念

 出来秋を迎えた胆振東部で、稲刈りを目前にした地域の農家や農協から不安の声が出ている。例年9月下旬に作業に入るが、むかわ町では収穫した米を乾燥させる鵡川農協の施設が地震で損傷し、使えない状況に。...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク