全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

石垣島・西表島産「ひとめぼれ」一期米販売スタート JAやえやまゆらてぃく市場

一期米で作られたおにぎりを頬張る園児ら=1日午前、JAファーマーズマーケットやえやまゆらてぃく市場

 石垣島と西表島産の一期米「ひとめぼれ」の販売が1日、JAファーマーズマーケットやえやま「ゆらてぃく市場」(山根聡店長)で始まった。セレモニーでは「超早場米」の販売促進や消費拡大につなげていこうと、関係者が魅力を発信した。

 同市場では限定で3日まで「新米フェアー」を開催。初日は、超早場米で作ったおにぎりを振る舞いPRした。  ことしの一期米収穫予想量は石垣700㌧、西表150㌧。5月31日時点で、ライスセンターに搬入された籾(もみ)約116㌧のうち、8・5㌧の検査が終わり、全て1等米だった。 

 セレモニーでJAおきなわ八重山地区水稲生産部会の黒島良雄部会長は「昨年より1週間早い販売開始となった。ことしは例年よりおいしいお米が収穫できている。八重山のお米をたくさん食べてもらいたい」とあいさつした。  同八重山地区本部の山城隆則本部長は「県内のファーマーズでもひとめぼれは人気があり、超早場米は県民が待ち望んでいたお米だ」と述べた。

 この後、緑ヶ丘保育園の園児13人が訪れ、作りたてのおにぎりを試食。「甘くてもちもちする」と新米の味に笑顔。  新米を毎年購入しているという下地ミエ子さん(70)=登野城=は「八重山産のお米は香りや食感がとても良い。イオン水で炊き上げると、さらにおいしくなる」と販売開始を喜んだ。

 フェアー期間中は、開店から先着30人に新米300㌘がプレゼントされ、お米の購入者には抽選でひとめぼれの新米1年分が当たるサービスも実施する。  これから市内のスーパーや米屋の店頭にも新米が並び、本島では今月15日からの販売開始が予定されている。

関連記事

個性豊かな550種 帯広の藤丸でミルク&チーズフェア

 「ミルク&ナチュラルチーズフェア2019」が17日、帯広市内の藤丸7階催し会場で開幕した。道内を中心とした58社の乳製品・約550種類がそろい、初日から大勢の買い物客が詰めかけた。  道牛乳...

長野日報社

4年ぶりJ1挑戦 松本山雅FCが新体制発表

 再び、最高峰の舞台へ-。昨年サッカーJ2リーグを制して4年ぶりにJ1リーグに挑戦する松本山雅FCは14日、松本市のキッセイ文化ホールで2019年シーズンの新体制発表会を開いた。会場を埋めたサ...

氷のキャンドル作り開始 氷灯夜向け準備着々【芽室】

 「第29回めむろ氷灯夜」(2月14日・芽室公園)に向け、会場を彩るアイスキャンドルの製作が12日、町車両センターで始まった。  氷灯夜では4500個のアイスキャンドルが会場と周辺に飾られ、...

大島紬をより身近に 奄美市、「紬の日」でイベント

 1月5日は鹿児島県奄美市が提唱する「紬の日」。第41回紬の日のつどいは同日、奄美市名瀬のAiAiひろばであった。本場奄美大島紬のコーディネートコンテストをはじめ、反物販売、着付け体験、紬の小物...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク