全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

トンボ大発生 庄内地方 アキアカネ 6月下旬から各地に

 庄内の平野部と山あいでトンボが大発生している。原因は分からないが、これまで千葉や熊本で大量に発生したケースがあった。トンボの種類は通称「赤とんぼ」として親しまれているアキアカネ。鶴岡市水沢の農道では、多くのトンボが車のタイヤに引かれ、それをエサとしてついばむカラスの姿も見られる。

 アキアカネは九州から北海道まで広く分布する。例年、秋に田んぼなどに卵を産み、冬は土の中で越冬。春の農作業で田んぼに水が入ると、卵からヤゴ(幼虫)になり、イトミミズなどを食べて成長する。梅雨時期の7月ごろに羽化し、トンボの姿になる。その後、山あいに移動して秋になると再び平野に戻る。交尾して産卵し、その一生を終える。昔と比べ農薬などの影響で生息数は減少している、と指摘されている。

アキアカネが大発生した田んぼ

 庄内でトンボが大量発生したのは先月下旬。「いつもなら8月に入ってから見かけるが、今年は1カ月ほど早い気がする」「場所によってはものすごい数。大群となっているところもある」と多くの有識者たちの間で確認情報が相次いだ。先月の空梅雨で水辺の水温が上がり羽化を促した、との見方もある。

 山形大農学部の学生や院生、留学生、地元の農家らが昨年、昭和初期の農村の姿を取り戻そうと鶴岡市中山地区の中山間部にある耕作放棄地を“開拓”。50年以上が経ち、雑木林となった農地を水田によみがえらせた。今年5月には関係者が集まって広さ約11アールにはえぬきの苗を植えた。除草剤などの農薬をいっさい使わない無農薬栽培で9月の収穫を予定する。

 自然循環型農業の確立に向けて学生と一緒に栽培研究している山大農学部の佐藤智准教授(応用動物学専門)によると、久しぶりに雨が降った後の14日、田んぼ全体に大量のアキアカネが群生しているのを見つけた。中にはオニヤンマとシオカラトンボが飛んでいる姿も確認した。

 佐藤准教授は「数にしてどのくらいだろうか。千単位、ひょっとすると万単位かもしれない。これほどの光景を見たのは初めて」と状況を振り返る。

 この復活田は昨年秋に開拓して以来、沢の水を入れ春の代かきまでそのままの状態にしていた。昨秋に産み付けた卵が水田の中でヤゴになり羽化したケースと、もともと大量発生したトンボが水辺を求めて周辺から集まってきた可能性が考えられるという。現在、田んぼにはイモリやアメンボ、ゲンゴロウ、イトミミズなどの多種多様な生物がすみついている。

近くを流れる川の石には多くのアキアカネがとまり、羽を休ませていた=いずれも16日午後5時すぎ、鶴岡市中山地区

 佐藤准教授は「アキアカネは生まれた後、間もなく山に移動して夏を過ごす。そして秋に平野へ戻ってくるが、その時点でどのようになっているか。いずれにしても農薬を使わず水辺がある復活田は、生き物にとってこの上のない環境になっていることに違いはない。もう少し状況を見てみたい」と話している。

関連記事

ポリネシア先住民族のダンサー ウポポイ 炎の演舞披露 白老

ポリネシアの先住民族にルーツを持つ米ハワイ出身のダンサー、デビット・ナレアイさん(45)とバイソン・ナレアイ(25)さんが24日、白老町若草町の民族共生象徴空間(ウポポイ)を訪れ、南洋のサモア諸島...

荘内日報社

土砂災害や河川氾濫に厳重警戒 「大雨特別警報」酒田、鶴岡、遊佐で避難指示

 梅雨前線の影響で大気が不安定となり庄内地方は25日、雷を伴った激しい雨が降り続いた。この雨で土砂災害の危険度が高まったとして気象庁は同日午後1時5分、酒田市と遊佐町に警戒レベル5に当たる「大雨特別警報...

メークインで高級スナック菓子 50グラム540円「フライドポテト」 JA..

 JA帯広大正(森和裕組合長)は、高級スナック菓子「帯広大正農協の大正メークインでつくったフライドポテト」を発売した。同JAのブランド野菜「大正メークイン」の素材力を生かし、サクサクの食感と素朴な...

宇部日報社

原小出身の三戸選手が2発、パリ五輪サッカー男子の初戦勝利に貢献、市役所で..

 パリ五輪のサッカー男子は25日(現地時間24日)、1次リーグが始まり、D組の日本は宇部市出身の三戸舜介選手(21)の2ゴールなどでパラグアイに5-0で快勝した。南米の難敵を相手に1次リーグ突...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク