全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

若者目線で魅力を発信 公益大生が庄内の企業取材まとめる 「ハタラクカタチ」第5号発行し配布

 庄内地域の企業などが持っている魅力を若者目線で広く発信しようと、東北公益文科大学(酒田市)の学生有志が、そこで働く若手従業員を取材してまとめた冊子「ハタラクカタチ」を発行した。2019年度から毎年作成しているもので、5号目。広く庄内地域の高校生に配布するほか、公益大ホームページに掲載。携わった学生は「取材した皆さんから働くことへの思いを聞き感銘を受けた」と話している。

 昨年春に当時の1―3年生有志10人がプロジェクトチーム=小野寺緋彩(ひいろ)代表(現・4年)=を結成し、公益大地域共創センターの協力、庄内開発協議会「公益のふるさとづくり活動補助金」の助成を受けて制作した。学生自らアポイントメントを取り、酒田、鶴岡両市の5つの事業所を分担し訪問。経営者、公益大卒業生をはじめ若手従業員に「ワーク」「ライフ」の2つの視点でインタビューしてまとめたもの。訪問した学生がその事業所について思ったことを自由につづった「VOICE」で「働くことの意味」を考察。昨年11月に行われた庄内地域企業見学バスツアーで巡った企業3社についてもレポートしている。

 プロジェクトメンバーの一人で現4年の佐藤真純さん(21)は「読んでみたいと思ってもらえるよう大幅にデザインを変更した。多くの人から手に取ってもらえたら」、同じく現2年の今野美歩さん(20)は「自分の仕事観を改めるきっかけになった」とそれぞれ話した。

 冊子はA4判、オールカラー17ページ。前回より1000部多い5500部を発行し、庄内地域の高校3年生、大学生に配布するほか、図書館などに配置する。巻末には庄内地域、県内の企業などを広く紹介しているリクルートメディアサイトのQRコードを記載。冊子に関する問い合わせは公益大地域共創センター=電0234(41)1115=へ。

公益大学生有志が制作した冊子「ハタラクカタチ」

関連記事

紀伊民報社

熊野本宮大社で合気道演武 植芝道場長の講習も

 和歌山県田辺市本宮町の世界遺産・熊野本宮大社の旧社地「大斎原(おおゆのはら)」で20、21日、「合気道国際奉納演武」があった。  同市出身で合気道の開祖・植芝盛平のひ孫に当たる合気道本部道場...

長野日報社

原村でじっくりボードゲームを 1日1組限定のリゾート

ボードゲームに没頭するリゾート施設「GAW(ガウ)」が、5月1日に原村原山にオープンする。都内の音楽制作会社が手掛ける新事業。アナログゲームマスターのあだちちひろさんが依頼者の思いに沿った最...

帯広信用金庫の防犯講座人気 詐欺事例、寸劇交え

 十勝管内でも特殊詐欺事件が相次ぐ中、帯広信用金庫(高橋常夫理事長)は、被害防止のための出前講座を続けている。具体的手口を寸劇を交えるなどして分かりやすく紹介、社会貢献事業として無料で行ってお...

荘内日報社

外国人観光客とおもてなし交流 酒田港 泉小児童 日本の遊び紹介

 外航クルーズ船「ウエステルダム」(オランダ船籍、8万2862総トン)の酒田港寄港に合わせ22日、酒田市の泉小学校の4年生42人が同港古湊埠頭(ふとう)に降り立った外国人観光客らに日本の遊びを紹介するなど交...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク