全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

鈴木亜由子杯 穂の国豊橋ハーフマラソンが開催

号砲と共にスタートしたランナー=豊橋市陸上競技場で

 豊橋市出身で東京五輪女子マラソン代表の鈴木亜由子選手にちなんで改称された「鈴木亜由子杯 穂の国豊橋ハーフマラソン2024」が24日、開かれた。

 昨年に続きあいにくの天気となったが、約3700人が出場した。開会セレモニーで浅井由崇市長は、全国約3000人の参加があったことに感謝し、「春の豊橋を感じながら、それぞれの目標に向けて走ってほしい」と選手を激励した。

 続いて名誉大会長の鈴木選手が「皆さんの力で日本で一番楽しい大会にしていきましょう」と語った。応援に駆けつけた女性アイドルグループ「ももいろクローバーZ」も登壇、メンバーの高城れにさんがランナーとして参加した。

 午前10時に浅井市長が号砲を鳴らしてスタート。陸上競技場を発着点とする約21㌔のコースを駆け抜けた。

 ランナーの中には所属チームや地元企業にちなんだコスプレをする人もいた。沿道で多くの人が応援し、ランナーも手を振って応えていた。

ランナーにエールを送る浅井市長と鈴木選手

 鈴木選手は報道陣の取材に応じ「たくさんの方のおかげで新たな大会を開けた。感謝の気持ちでいっぱいです。私も、前身の大会に出て自信になった。子どもたちたちに陸上の世界にいざなう機会になれば良いと思う。今後は、子どもが気軽に参加できるレースを設けたい」と語った。

 10日の名古屋ウィメンズマラソンではパリ五輪の切符を逃した。2週間たったが、今後については「まだ高橋昌彦監督に相談していない。心と体を休めてゼロの状態にして、時間をかけて考えたい」と述べた。

関連記事

長野日報社

”車の祭典”にぎわう 長野県茅野市で「ラリチャレ」82台激走

 初心者向けのラリー競技会「トヨタ・ガズーレーシング・ラリーチャレンジin八ケ岳茅野」(同実行委員会主催)は21日、長野県茅野市運動公園をメイン会場に開いた。全国から82チームが参戦し、競技区間の...

石垣島トライアスロン きょう号砲

 石垣島トライアスロン大会2024・第10回八重山郡トライアスロン大会(石垣島トライアスロン大会2024実行委員会主催、石垣市共催)は21日、南ぬ浜町スタート、新栄公園フィニッシュの515㌔(スイム15㌔、バイ...

長野日報社

21日「ラリチャレ」 地元参戦の車両2台展示 長野県茅野市

21日に長野県の茅野市運動公園などで行われる初心者向けのラリー競技会「トヨタ・ガズーレーシング・ラリーチャレンジ(ラリチャレ)in八ケ岳茅野」に参戦するアルピコグループと茅野商工会議所青年部の...

奈良さんの作品を初公開 豊橋美博90年代コレクション展

 豊橋市美術博物館は、美術コレクション展「コレクターズ アイ 90年代を中心に」を13日から始める。昨年度に寄贈され、2月29日のリニューアル記念式典でお披露目された奈良美智さんの「Untitled」「...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク