全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

ネパール文化に触れる 長野県駒ケ根市で国際交流プログラム第3弾

開会式であいさつする伊藤祐三市長(右)とネパールの関係者

 長野県駒ケ根市と駒ケ根国際交流事業実行委員会は24日、2025年大阪・関西万博の機運醸成を目的とした国際交流プログラム「ネパール文化交流会in駒ケ根」を同市駒ケ根文化センターで開いた。参加した住民ら約100人が、同国の歌や舞踊の発表、料理の販売、民族衣装の試着などの体験を通じ、ネパールの文化について理解を深めた。

 市の同プログラム企画は、語学講座や料理教室に続いて3回目。今回は趣旨に賛同したドゥルガ・バハドゥール・スベディ駐日ネパール特命全権大使夫妻が出席したほか、大使が直接参加を要請した同国の人気男性歌手ラム・クリシュナ・ダカールさんと女性歌手マリカ・カルキさんが交流会のために来日した。

 開会式で伊藤祐三市長は、過去に複数回、駒ケ根を訪れているスベディ大使に「市と大使の関わりを大変うれしく思う」と歓迎。スベディ大使は「交流会を通じ、両国の関係が深まることを期待したい」とあいさつした。大使館と市の贈り物交換では、大使が伊藤市長に民族衣装の帽子「トピ」をプレゼントした。

 ステージでは在日ネパール人の女性グループが民族舞踊を発表したほか、ダカールさんらが歌声を披露。会場ではネパールの香辛料を調合するワークショップもあり、地元の家族連れでにぎわった。

 駒ケ根市は2001年、ネパール・ポカラ市と国際協力友好都市を締結。市民団体が現地で母子保健事業を実践する。こうした背景から市は、ネパールとの万博国際交流事業を国に提案し採択された。

関連記事

長野日報社

気軽に野菜作り体験 長野県富士見町に30日「JA農園」開園

 JA信州諏訪と子会社のあぐりクリエイト信州諏訪は、市民が気軽に野菜作りを体験できる「JA農園」を30日、長野県富士見町南原山に開園する。土づくり済みのミニ農地を秋まで希望者に提供する新規事業で...

マヂラブ・村上さんが新城市観光大使第1号に

 新城市は16日、市観光大使の第1号に、お笑いコンビ「マヂカルラブリー」の村上さん(39)を委嘱した。長篠出身で高校まで市内に住んでいた。  村上さんは市立鳳来中学、県立新城東高校(現新城有教...

キガシラセキレイ飛来 石垣

 キガシラセキレイが市内のほ場に渡来した。  体長16・5~18㌢の野鳥で、ロシア中西部やモンゴルなどにかけて繁殖し、冬季は中国南部やインドシナなどへ渡る。日本では旅鳥として少数が渡来し、農耕地や...

北羽新報社

高齢者施設の浴室に雄大な富士の絵 秋田公立美大生の池端さん制作

 秋田公立美術大4年でグラフィックデザインなどを学ぶ能代市西赤沼の池端咲紀さん(22)が、富士山をテーマにしたデジタル絵画2枚を制作し、同市落合の介護付き有料老人ホーム「サンビレッジ清風のしろ」...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク