全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

訪日客を茅野へ 世界的評価の小津安二郎監督ゆかりの場所で語らうツアー 長野県

無藝荘を貸し切り、小津安二郎監督ゆかりのゲスト(左から)兼松熈太郎さん、長井秀行さん)の話に耳を傾ける海外からの旅行客ら

世界的な評価を受ける映画監督で長野県茅野市とゆかりがある小津安二郎(1903~63年)を前面に出したインバウンド(訪日外国人旅行客)向けの1泊2日のツアーが8、9日の両日、茅野市北山蓼科の「無藝荘」を貸し切って行われた。米国とスペインからの訪日客4人が参加し、小津監督ゆかりの場所で生前の人柄を知る親族や映画関係者から語られる数々のエピソードに耳を傾けた。

茅野市が観光庁の補助金を活用して企画し、ちの観光まちづくり推進機構が販売した。昨年12月から毎月2回企画し、2月開催の2回に申し込みがあった。1人9万8000円~11万円という価格帯に、2回で計5人が申し込んだ。

無藝荘は小津が晩年仕事場や東京から訪れる映画関係者の接待の場として使用した山荘。蓼科の自然、人情、地酒を気に入り、この場所で「東京暮色」(1957年)以降、6本のシナリオを書き上げた。

ツアーでは、小津のおいの長井秀行さんと小津の助手を務めた映画監督の兼松熈太郎さんがゲストとして登場。ツアー参加者といろりを囲みながら語らった。

長井さんは小津が映画づくりで大切にした考え方の一端を紹介。「映画の良しあしは余韻。(上映後の)後味が悪いものは悪い。後に残った気持ちが良いものであれば成功」と語ったエピソードを伝えた。兼松さんは撮影現場での小津の様子を回想。「穏やかな人でスタッフを大切にし、若手の意見にも耳を傾ける人だった。ただ、妥協はしなかった」と話した。

ツアー客からは小津の女性の描き方や第二次世界大戦の捉え方などについて質問が出され、2人は映画での描き方を交えながら小津の心情を語っていた。

同日のツアーを見守った蓼科観光協会の柳澤幸輝会長は「インバウンド需要は拡大し、地方にまで波及しつつあるが、残念ながら蓼科には届いていない。海外でも高い小津監督の知名度が蓼科への誘客につながれば」と話していた。

関連記事

長野日報社

40年ぶりに新調 重文・片倉館全和室の畳表

長野県諏訪市湖岸通り4の重要文化財・片倉館は今月、館内全和室の畳表を約40年ぶりに新調した。これを機にイベントや展覧会、会議など外部利用者への貸室事業に力を注ぐ。 同館は1928年(昭和3年...

長野日報社

まるで桜、横谷温泉 蓼科に「雨氷」 長野県茅野市

 ぽかぽか陽気から真冬の寒さに逆戻りした22日、標高の高い地域では前夜からの雨が木などに付着して凍った「雨氷」が見られた。長野県茅野市蓼科中央高原の横谷温泉旅館(篠原元文社長)では、敷地内のエゾ...

長野日報社

「上質な日常提供」高級ホテル 蓼科高原に来月開業 長野県茅野市

 長野県茅野市北山蓼科高原の旧宮家別邸跡地に3月19日、高級ホテル「ホテル ドゥ ラルパージュ」が開業する。2019年5月まで「ホテルハイジ」が営業していた場所で、不動産業などの戸部商事(東京都...

荒ぶる赤鬼と武神・天狗の攻防 豊橋鬼祭がクライマックス迎える

 東三河に春を告げる奇祭「豊橋鬼祭」の本祭が11日、豊橋市八町通3の「安久美神戸神明社」であった。ハイライトとなる「赤鬼と天狗のからかい神事」などを大勢の見物客らが見守った。今年は4年ぶりの通常...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク