全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「バタフライガーデン」でチョウの研究

 豊橋市立牛川小学校5年生の平尾知士さん(11)が、自宅の庭に「バタフライガーデン」を祖父和宏さん(71)らと造った。チョウを研究する。現在では10種類以上が飛んでくる。

 2年前、チョウに興味を持った。キンカンの実についた芋虫からさなぎ、成虫になる様子を観察し、昨夏の自由研究で「ナミアゲハのさなぎの色の変化」として発表した。さなぎの色は複数あり、冬を越すために変えることを知った。

 旅するチョウ「アサギマダラ」を観察するため、バタフライガーデンの造成を思いついた。「昨年、捕まえようとしたら逃げられたので、家に来るようにしたかった」と語る。農業をしていた和宏さんの助言で、1月下旬に庭の一角の495平方㍍に、アサギマダラの好物であるフジバカマを植えた。その後、キジョランとガガイモを増やした。他のチョウも観察するためにホトトギス、スミレ、ブットレアも植え付けた。

 フジバカマが開花した10月になると何匹ものアサギマダラがやってきた。キジョランの葉には産卵した。

 ホトトギスにはルリタテハが、スミレにはツマグロヒョウモンが集まってきたという。

 知士さんは「いつか捕まえたいと思っていたアカタテハも来るようになったのでうれしい」と喜ぶ。

 将来の夢はチョウの博士。スズメバチやヒヨドリがアサギマダラを餌として狙っていることも観察で分かったという。母範香さんの力を借りて研究を続ける。

関連記事

ひな人形900体ユニークに飾る ファッションメールプラザ 苫小牧

苫小牧市表町3の商業施設ファッションメールプラザで3月19日まで、「プラザde雛(ひな)まつり」が開かれている。市民から寄せられたひな人形約900体を、音楽演奏などを表現したポーズで飾り、訪れた人...

民泊「どりふ」開業へ 出張、旅行需要見込む 大樹

 くさかガス設備(大樹町鏡町)を経営する日下昌樹さん(49)は、町内振別146で所有する一般住宅を改修し、民泊「どりふ」を3月中にも開業する。出張や旅行、少年団活動などの需要、「お試し移住」での利...

荘内日報社

松くい虫被害 庄内昨年過去最悪5万5644立方メートル 優先順位に従った駆除必..

 庄内地域のクロマツ林でマツノマダラカミキリ(松くい虫)による被害が広がっており、2023年は鶴岡、酒田、遊佐3市町の国有林・民有林計5万5644立方メートル(材積換算、前年2万2976立方メートル)に及び、過去...

宇部日報社

小野田高生が短編小説作製 地域の魅力を県内外へPR【山陽小野田】

 小野田高(天尾昇一校長)の総合文化部・文芸読書(村上結菜部長)の部員、生徒有志ら13人が、県内を舞台にした短編小説集「LOVE 山口県ショートショート―しあわせみいつけた」を作製した。11市...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク