全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

手筒花火題材の短編映画 撮影終了

 豊橋発の映画作りに取り組む「映画ができるまで、」プロジェクト(PJ)は、第3弾の短編「竹とタケノコ」が撮影を終えた。豊橋伝統の手筒花火を題材に、過去最大規模の制作や出演者などの体制で臨んだ。昨夏に豊橋市へ移住した仕掛人でプロデューサーの谷口由里子さんは「構想3年で夢に一歩近付いた。豊橋の魅力を全国や世界へ届けたい」と手ごたえを示した。

 第3作は、発達障害に悩む息子と手筒花火を愛する父を中心としたドラマだ。「花火バカ」の父から子へ、手筒花火を通して大切なおもいが受け継がれていく物語。

 監督・脚本の川上信也さんは広告制作から映画界に転じ、長編脚本の支援プロジェクトに選ばれるなど新進映画作家として注目される。短編「願いのカクテル」(2019年、国村隼さん主演)や「GIFT」(20年、西田尚美さん主演)などの作品を指揮した。

 主人公の三島悠人役(青年期)は映画「ちはやふる上の句」(16年)などの清水尚弥さん、父晃役は大河ドラマ「どうする家康」などで活躍中の駿河太郎さん。母の麻実役はNHK連続テレビ小説「おかえりモネ」(21年)の佐藤みゆきさんが演じる。

 豊橋ロケは9月下旬の約1週間、竹を使った手筒づくりから吉田神社(関屋町)での放揚のシーンなどを撮った。清水さんと駿河さんも講習に参加し、豊橋祇園祭奉賛会の酒井数美会長らから揚げ方を教わった。

 さらに地元の上伝馬町青年会が花火作りに協力した。竹切りから火薬詰め、縄巻きなどの工程も手ほどきした。

 ハイライトの放揚シーンの撮影は9月24日の日没前から5時間に及んだ。見物客役のエキストラ約130人が見守る中、火の粉まみれになった清水さんと駿河さんの勇壮な姿を撮り終えた。

 ロケ全般を支援した「とよはしフィルムコミッション」によると、登録エキストラには家族や友人の同伴も求めた。花火を楽しむ家族連れやカップルなど現実味ある風景を演出するためだ。

 「一人でも多く映画作りを知ってほしい」と、「映画ができるまで、」プロジェクトを俳優仲間の蔭山ひろみさんと始めたのは昨年9月。谷口さんは活動拠点を東京から市内に移した。

 第1作は2人が主演の短編映画「ひと駅、歩く」。今年2~3月に豊橋をはじめ、東京と大阪で上映して好感触を得た。4月には2作目「あの灯に帰ろう」も全編豊橋で撮り終えた。  初作品はクラウドファンディングで制作費を賄うなど支援が不可欠だった。プロジェクトが注目されはじめ、今夏には若手経営者らが自発的に応援団を組織するなど支援の輪も広がった。

夢実現へ一歩一歩

 谷口さんは「出会った人々や今後出会う仲間と豊橋で未来へ作品を紡ごうと夢見たのが3年前。3作目を撮り終え、夢に一歩ずつ近付いた」と語った。PJの集大成を迎え「豊橋でこそ生み出せる物語や、人とのつながりを表現できた。豊橋の魅力を全国、世界へ発信できる作品にしたい」と期待した。

 作品は約30分の短編として来春以降に豊橋市の「ユナイテッド・シネマ豊橋18」などの各地で上映予定だ。サンダンス映画祭やカンヌ国際映画祭出品を目指すという。

関連記事

豊川の匹田さんが8月1日にセブ島で留学アカデミーを開校

 フィリピンのリゾート地セブ島で、豊川市赤坂町の匹田美由紀さん(45)が、短期留学が可能な留学アカデミー校「オガールイングリッシュアカデミー」を8月1日に開校する。異文化体験を通して、考える力...

釧路新聞社

赤ちゃんの成長願い「泣き相撲」【釧路市】

 厳島神社(菊池吉郎宮司)例大祭最終日の14日、子供の健やかな成長を願う「赤ちゃん泣き相撲」が同神社で行われた。釧路管内から生後6カ月~2歳半の赤ちゃん60人と保護者が参加し、元気な泣き声を境内に...

長野日報社

国道361号の電柱地中化完了 長野県伊那市高遠町

 長野県伊那市高遠町の商店街「ご城下通り」に林立していた30本余りの電柱と電線がなくなり、広い空とそぞろ歩きが楽しめる城下町の景観がお目見えした。県伊那建設事務所が2016年度から進めていた国道...

荘内日報社

夏山登山者迎えるニッコウキスゲ 月山8合目

 鶴岡市羽黒町の月山8合目付近に広がる弥陀ケ原で、夏の訪れを告げるニッコウキスゲが見頃を迎え、多くの草花と共に登山客の心を癒やしている。  弥陀ケ原は月山の標高約1400メートル地点にある日本有数...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク