全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

次代へ継ぐ「市民憲章運動」 鶴岡で全国大会 県内外から900人集う

 市民憲章運動推進第57回全国大会鶴岡大会が21日、鶴岡市の荘銀タクト鶴岡で開かれ、市民をはじめ県内外から約900人が参加し、住民によるまちづくりの基本となる市民憲章運動のさらなる推進と次代に引き継ぐことなどを誓い合った。

「明るく住みよいまちづくりを目指し、憲章運動を推進する」など全国協議会の唱和文を参加者全員で唱和した

 鶴岡大会のテーマは「虹をかけよう、やさしい心で―ほんとうの豊かさを追求する みんなが暮らしやすい持続可能なまちをめざして」。鶴岡の歴史と精神文化を紹介する構成吟「藤沢周平のふるさと 出羽庄内 鶴岡の風」で幕開けし、子どもたちによる庄内論語の素読や空手の演武、詩吟などが披露された。全国市民憲章運動連絡協議会の村田久忠会長(鶴岡市民憲章推進協議会長)が「この大会が今後の市民憲章運動推進のさらなるきっかけとなることを祈念する」と主催者あいさつ。開催地市長で皆川治市長、来賓で加藤鮎子こども政策担当大臣(衆院山形3区、ビデオメッセージ)、吉村美栄子知事(代理で平山雅之副知事)があいさつした。

 引き続き旧庄内藩主酒井家第18代当主の酒井忠久さん、農家民宿レストラン「知憩軒」女将の長南光さん、鶴岡総合研究所顧問の東山昭子さんが「ここに生きる―ほんとうの豊かさを追い求めて」をテーマに鼎談(ていだん)。市民一人一人が志を持って心を寄せ合いまちづくりを進めることの大切さを語り合った。地元の庄内農業高農業クラブ、新海町ラジオ体操愛好会による活動発表もあり、「今後も市民憲章運動による実践活動を推進し、本当の豊かさを追求する、みんなが暮らしやすい持続可能なまちづくりを目指していく」との大会宣言を行った。

 全国で市民憲章の理念に基づいたまちづくり運動に取り組む団体で構成している全国市民憲章運動連絡協議会と、各自治体の市民憲章推進協議会が実行委員会形式で1966(昭和41)年から開催しており、鶴岡では初の全国大会。県外からは東北から九州まで全国協議会加盟各都市の約70人が参加し、交流を深めた。

大会では子どもたちも出演した構成吟が披露された

関連記事

紀伊民報社

みこし担いで海へ 熊野神社の潮掛け神事

 地元で「お熊野さん」として親しまれている和歌山県白浜町才野の熊野神社で13、14日、例大祭が営まれた。コロナ禍の影響で規模を縮小していたため、通常通り営むのは5年ぶり。地域をみこしが練り歩き、...

ウトナイ湖の春満喫 野鳥観察会に70人 苫小牧

苫小牧市植苗のウトナイ湖サンクチュアリネイチャーセンターと日本野鳥の会苫小牧支部は13日、同湖畔で「春のウトナイ湖野鳥観察会」を開いた。市内外から約70人が参加し、湖畔の豊かな自然に触れた。 ...

荘内日報社

「ばんけせんべい」完成 オリジナル米菓販売スタート 公益大生×酒田米菓×メカ..

 東北公益文科大学(酒田市、神田直弥学長)の学生たちが、菓子製造・酒田米菓(同市両羽町、佐藤栄司社長)、環境設備・装置製造などのメカニック(同市砂越、佐藤優社長)と共に取り組んだオリジナル米菓「ば...

父の遺志継ぎ寄り添う医療 帯広20条小児科内科クリニック診療再開

 20条小児科内科クリニック(帯広市西20南3、佐藤琢史院長)が15日、リニューアルして診療を再開した。先代院長の佐藤範宏さん=享年(71)=の死去で休診していたが、東京都内で小児科医をしていた長...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク