全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

“医療過疎地”に診療所

公設民営の診療所が開設される見通しとなった赤羽根福祉センター旧保健センター部分=田原市赤羽根町で

 診療所がない“医療過疎”状態が続いていた田原市旧赤羽根町区域で、公設民営の診療所が開設される見通しとなった。場所は赤羽根福祉センター内旧保健センター部分(赤羽根町)で、来年春開所の計画。市によると、地域住民のかかりつけ内科医として在宅医療の充実化などを重点に置くという。公設民営による診療所は市内で初めて。  同区域は東から高松、赤羽根、若戸の3校区。市によると、2015(平成27)年度に2つの診療所が相次いで閉院して以来、内科医の空白地域となっていた。  地元校区は、急患対応や日常生活の不安感などから、診療所や医師確保に向けた要望書を市に提出。市は、議会、医師会を交えて意見交換をするなどして検討を進めていた。  これらを踏まえ、市は医師紹介などを手掛ける民間コンサルタント業者を通じ、ようやく医師確保の大筋の方向性が定まったため、6月定例市議会で一般会計補正予算に改修工事費(約7500万円)を盛り込み、可決された。費用は医療施設の開業や医療従事者の確保に向けた施策展開に充てる積立金「地域医療推進基金」を財源にする。  開設場所は診療所仕様に改修し、広さは500平方メートル程度を想定する。運営方法に関しては、市側が診療所設置と医師確保を担い、医師を除く看護師や医療事務員などは指定管理者制度で手配する。  現在は契約に向けた最終調整段階で、改修設計などを経て年末にも工事が始まる見込み。

関連記事

紀伊民報社

幸福の黄色いカエル 和歌山県立自然博物館で展示

 和歌山県田辺市の大塔地域で、黄色いカエルが見つかった。通常は緑色をしたシュレーゲルアオガエル(アオガエル科)の色彩変異個体。展示を始めた県立自然博物館(海南市船尾)によると、目立つために捕食者...

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク