全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北羽新報社

能代公園に芸術作品ずらり おもしろアート秋祭り開幕

作者の感性光るアート作品がずらりと並ぶ「能代公園おもしろアート秋祭り」が開幕

 能代市民ら有志による「能代公園おもしろアート秋祭り」が15日、同市の能代公園で開幕した。園内各所に市内外のアーティストが手掛けた彫刻やインスタレーション、絵画、立体造形などを展示したほか、来場者が作品づくりに参加できる「コミュニティアート」も用意。初日から多くの地域住民が訪れ、〝芸術の秋〟を満喫した。会期は18日午後3時30分まで。

 市民有志らで組織する実行委員会(宮腰隆一代表)主催で、アートの力で同公園ににぎわいを呼び込み、地域活性化につなげることが目的。ステージイベントを中心とする「能代公園おもしろ祭り」を平成29年に初開催。新型コロナウイルス禍の令和2年には新企画として「立体造形展」を開き、3年からはステージイベントと立体造形展を盛り込んだ「能代公園おもしろアート祭り」を行っている。
 春祭り(5月20、21日)に続いて開いた秋祭りには能代山本や北秋田市、秋田市で活動する芸術家10人余りと、能代一中美術部から約30点が出品。「俳星碑」を中心とする園内や松風庵で作品を展示している。
 遊歩道沿いにはかわいらしい表情が印象的な子どもを題材にしたコンクリート彫刻、老いた農夫やクマなどを生き生きと表現した木彫、アルミニウムを加工して波を表現した立体造形、海岸に散らばる海洋ごみを再利用したシーダストアート、色彩豊かな石ころアート、木片や紙粘土、針金などを使った能代一中美術部員たちの作品、縄文文化を象徴する土偶や装飾品の「貝輪」のレプリカなど多種多彩な作品がずらりと並んだ。
 また松風庵では、同市の画家、宮腰代表や朝場江里さんの絵画、同市のステンレス工芸作家、田村康夫さんの作品もお目見え。来場者は1点ずつじっくり眺めたり、写真に収めたりと思い思いに〝芸術の秋〟を満喫していた。
 宮腰代表は「今年の秋祭りでは、本格的なアートから誰もが作れるような作品まで幅広くそろっている。普段とは違う公園の景観を楽しんでほしい」と話した。
 きょう16日は、協賛企画として午前9時35分から能代音楽愛好会のステージ、10時からハンドクラフト作家らによる「でらっと市」や龍泉寺の一般公開などが行われる。

関連記事

長野日報社

立石公園のライブカメラ運用開始 長野県諏訪市

 長野県諏訪市は、諏訪湖を見下ろす絶景スポットの同市立石公園でライブカメラの運用を始めた。広角映像で2カ所にある駐車場まで映し出し、高台にある公園に出掛ける前に駐車場や道路の混雑状況が分かるよ...

紀伊民報社

パンダくろしお出発 世界遺産20周年で観光キャンペーン

 「紀伊山地の霊場と参詣道」の世界遺産登録が7日で20周年を迎えるのを記念して、和歌山県やJR西日本などによる観光促進事業「聖地リゾート!和歌山キャンペーン」の出発式が6日、大阪市の新大阪駅であ...

長野日報社

観光客の山麓周遊利便性向上へ 駒ケ根市地域公共交通協がバス実証運行開始 ..

長野県の駒ケ根市地域公共交通協議会は1日、観光トップシーズンに合わせて、駒ケ根高原に点在する観光拠点を巡る「山麓周遊バス」の今年度の実証運行を開始した。観光客らが周遊するのに適した交通システム...

長野日報社

涼やかリボンの金魚つるし飾り 下諏訪の伏見屋邸にお目見え 長野県

長野県下諏訪町東町下の旧中山道沿いにある国の登録有形文化財「伏見屋邸」に、今年も包装用リボンで作った金魚のつるし飾りがお目見えした。色とりどりの金魚が風に揺られて空中遊泳する様が、歴史ある建物...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク