全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

森林・林業分野でも活動を 長野県と地域おこし協力隊交流会

森林利活用に関する活動報告を聞いた地域おこし協力隊の交流会=伊那市の産学官連携拠点「INADANI SEES」

 長野県は30日、県内で活動する地域おこし協力隊を対象に、森林の利活用をテーマにした交流会を伊那市西箕輪の産学官連携拠点「INADANI SEES」で開いた。隊員や市町村の林務担当者など約40人が参加。活動報告や全国の事例紹介、意見交換などを行い、森林・林業分野での活動について考えた。

 多様な分野で森林の利活用を促進するため、関係機関を交えて開いている交流会。森林資源が豊富な山村で活動する協力隊員たちにそれぞれ課題を見つけてもらい、その発想力や行動力を発揮してもらう狙いがある。

 この日は2017年4月から3年間、伊那市の地域おこし協力隊を務めた宮坂啓介さん(38)が、隊員経験を起業に結び付けた事例を報告した。「みはらしマウンテンバイクフィールドプロジェクト」に携わった宮坂さんは任期中、同市西箕輪のはびろ農業公園「みはらしファーム」やその周辺にキックバイクコースとMTBトレイルコースを開設。この経験を生かし、現在はMTBガイドツアーや自転車販売、トレイルコースの運営などを手掛ける会社を運営している。

 コース作りでは「山の木をなるべく切らないようにした」と振り返る宮坂さん。山林の活用は「何人にもお願いしないといけない。明確な境界がないので一つ一つ確かめるしかない」と苦労話も紹介した。また隊員の活動をその後の仕事につなげる場合は、任期中に「形に残るものをつくるのがポイント」と指摘。現役隊員には「イベントは継続的なものを」「予算は使い切る」などと助言した。

 このほか会場では県内で森林づくりや森を活用した地域づくりなどに取り組む現役隊員4人が活動発表。林野庁の職員が全国での活動事例などを紹介し、全員で意見交換を行った。

関連記事

紀伊民報社

地蔵の顔欠け「かわいそう」 「百間ぐら」で風化か

 世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」に登録されている熊野古道「小雲取越」の途中にある和歌山県田辺市本宮町の名所「百間ぐら」で、道沿いにある地蔵の顔が欠けた状態になっている。風化によるとみられるが...

小中学校 「ふっこう応援給食の日」 能登牛カレーに舌鼓  白老

白老町の小中学校で11日、石川県のブランド牛「能登牛」を使ったビーフカレーが給食に提供された。白老牛銘柄推進協議会(岩崎考真会長)が能登半島地震の被災地支援のため購入した牛肉。町教育委員会(しらお...

忠類から詐欺撲滅! ボランティア団体「どんとこいの会」結成

 幕別町忠類で、地元建設会社とシニアクラブが詐欺撲滅を目指すボランティア団体「詐欺撲滅団 忠類どんとこいの会」を結成した。帯広署管内でSNS詐欺防止のボランティア団体がつくられるのは初めて。同署忠...

荘内日報社

“郵便のお仕事”興味津々 松原保育園児が鶴岡郵便局訪問

 鶴岡市宝町の市立松原保育園(齋藤功園長、園児115人)の園児たちが11日、同市山王町の鶴岡郵便局(藤井泰局長)を訪問し、仕分けや押印など郵便業務を見学した。  園児たちが大好きな郵便配達をテーマにし...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク