全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

町内会のイベントに「助っ人」 市民団体が得意分野で協力

市民団体が助っ人に加わり、にぎやかになった盆踊り(和歌山県田辺市文里1丁目で)

 少子高齢化や社会情勢の変化で運営が難しくなった町内会を、さまざまな「特技」を持った市民団体が支援する。そんな第一歩になるか―。「新しい自治」を模索する和歌山県田辺市で、町内会のイベントの盛り上げに市民団体が一役買った。
 田辺市文里地区で19日、恒例の「夏まつり」が4年ぶりにあった。やぐらを囲む盆踊りの輪。その中心にいたのは「助っ人」だった。各地の盆踊りを楽しむ団体「盆踊り愛好会」の8人が踊り出すと、それを見ていた小さな子どもたちも親と一緒に参加。輪は次第に大きくなっていった。
 町内会長の新宅初枝さんは目を細めて、踊りの輪を見つめた。当初、盆踊りは取りやめの方向だった。主力だったメンバーは高齢になり、コロナ禍で3年間休止した影響もある。人が集まりそうになかった。子ども会に頼ろうにも、加入率は2割にも満たない。「もうやめるしかない」。そう思っていた。
 にぎわいを生む方策として、外部から「よさこい踊り」を誘致しようと働きかけをしていて、市民活動センター(高雄1丁目)と関わりができた。センターには子育て高齢者支援、防災、環境保全などの活動をする約180団体が登録している。センターと相談する中で、よさこいだけでなく、盆踊り、防災啓発でも市民団体の支援を受けることになった。
 新宅さんは「津波の心配がある文里は防災が重要な地区。イベントを通じ、住民同士が顔を合わせ、普段からつながりがつくれるよう意識している。町内会だけではここまでの盛り上がりを生み出せなかった」と連携の効果を語った。
 市が「新しい自治」のモデルとする「小規模多機能自治」を導入している地域では、行政と地域の間に立って、地域ニーズに対応する中間支援組織が重要な役割を果たしている。
 鹿毛智子センター長は「今回のケースは中間支援の一つの事例になると思う。町内会だけでイベントを盛り上げるのが難しい場合、相談しながらさまざまな支援ができる。他にもどんなことができるかを考えていきたい」と話している。

関連記事

紀伊民報社

防災用の井戸確保へ ポンプ設置や水質検査に印南町が補助

 和歌山県印南町は防災に役立てる「災害時協力井戸」の登録増加を目指している。民家などにある井戸を、災害時に使用できるようにするためだ。本年度からポンプの設置や水質検査に対して補助する。  災害...

金子さん初の女性旗手 行進堂々「重さかみしめ」 新得消防団

 新得消防団(岩倉弘行団長、団員45人)が1995年に女性消防団員を採用して以来29年目にして、初の女性旗手が誕生した。大役を任された同団予防部の金子恵梨班長(41)=町臨時職員=は「指名されたと...

荘内日報社

優雅な姿 目を引く 24日までしょうない金魚まつり

 庄内町の初夏の風物詩「しょうない金魚まつり2024」が20日から同町の新産業創造館クラッセのイベント広場で始まった。  同まつりは同町特産のブランド金魚「庄内金魚」を町内外に広くPRしようと毎年6月に...

宇部日報社

レノファを応援に行こう、8月3日はホームタウンデー【宇部】

目標は観客動員1万人  サッカーJ2レノファ山口の渡部博文社長とUBEの髙瀬太常務執行役員宇部事業所長は20日、宇部市ホームタウンデー・UBE冠マッチとなる8月3日のリーグ第25節、大分トリ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク