全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北羽新報社

中国木材、来年稼働の能代工場製材棟を公開

自動生産ラインの機械設備が並ぶ中国木材能代工場の製材棟(能代市扇田)

 製材最大手「中国木材」(広島県呉市)は30日、能代工業団地(能代市扇田)で建設を進める能代工場の「製材棟」を市、市議会、マスコミに公開した。東日本の基幹工場と位置づける国内六つ目の国産材生産拠点で、自動化される生産ラインの機械設備を見学した。同社は「この地域で50年後も林業が成り立つような主要産業を目指す」とした。
 能代工場で作る主要製品は住宅用集成材の柱。地元で調達した秋田杉丸太を半製品の引き板材「ラミナ」にする製材棟、ラミナを張り合わせて集成材に仕上げる加工・集成棟、集成材を保管する製品棟をはじめ、原木置き場、天日乾燥場、乾燥釜、製造過程で出た端材を燃やして発電するバイオマス発電設備などを整備する。原木使用量は年間24万立方㍍。能代工業団地の分譲地約30㌶を取得し、昨年4月から工事を進めている。投資額は286億円。
 メイン工場となる製材棟は鉄骨造り平屋一部2階建てで、建築面積2万6500㍍。品質ごとに選別され樹皮を剝いだ丸太が集まってくる工場で昨年4月に着工し、建屋はほぼ完成。丸太を切断するライン機械設備の搬入、据え付けが行われており、年内までかけて設置し終える。
 斉藤市長をはじめ市幹部職員や市議、マスコミ関係者約40人が参加。石橋正浩・中国木材生産本部長兼経営企画本部長の案内で自動ノコギリ機や丸太のおがくずを回収する溝(ピット)などの説明を受けた。
 機械設備の請負業者は▽製材設備=CKSチューキ(広島県福山市)キクカワエンタープライズ(三重県伊勢市)▽皮剥設備=エノ産業(北海道東川町)▽乾燥釜=トモエエンジニアリング(群馬県高崎市)JES(能代市)新柴設備(北海道旭川市)▽加工・集成設備=鈴工(伊勢市)沖機械(広島市)内外工業(同市)太平製作所(愛知県小牧市)▽自動倉庫=IHI(東京)。専門的な機械なため、納入業者の大半が県外メーカーだが、一部地元企業が施工することに、石橋本部長は「いい成績を残し全国展開してほしい」と地元の奮闘に期待した。
 能代工場では、従業員を操業5年で250人まで増やし、うち210人を地元採用する方針。製材工場が稼働する来年1月時点で作業員60~70人、加工・集成材工場が稼働する同4月には100人が必要で、能代山本35人を含む計48人を採用済み。高校別の新卒採用は4年度は市内3人、5年度は市内2人を含む8人となっている。
 能代山本を中心に人材不足が続くが、石橋本部長は「稼働に向け問題なく進んでいる」と説明した。
 伐採後に植林する再造林率は自社所有林で100%なことに、市議から「自社外ではどうか」と質問があり、石橋本部長は「秋田県の民有林の再造林林は3割程度、国有林は半分ほどなので県全体の再造林率は6割ほどになるのでは」と説明したほか、「能代の中国木材と認識してもらえるよう全力で頑張る」と述べた。

関連記事

若雌1類優秀に大海 市畜産共進会 団体賞は下地支部 県上位入賞へ期待込め

 宮古島市畜産共進会(主催・同実行委員会)が13日、JAおきなわ宮古家畜市場で開かれた。3部門に計24頭が出品された。審査の結果、若雌第1類で大海(上野)所有の「たいかいとよひめ」号が優秀賞とJAおきなわ宮...

北羽新報社

金勇で「能代の七夕展」始まる 当番組・萬町組の提灯など展示

 能代市柳町の観光交流施設・旧料亭金勇で13日、同施設の企画展「能代の七夕展」が始まった。8月6、7日に市内で行われる役七夕の当番組を務める萬町(あらまち)組で実際に使われる提灯(ちょうちん)や...

岸田首相が矢作ダムなどを視察

 岸田文雄首相はこのほど、豊田市と岐阜県恵那市にまたがる矢作ダムなどを視察した。県が進める「矢作川・豊川CNプロジェクト」について、林全宏副知事らから説明を受けた。  まず、豊田市西山町では...

北羽新報社

コハクチョウ家族が〝定住〟 能代市赤沼の米代川河川敷

 能代市赤沼の米代川河川敷に年中とどまっているコハクチョウの親子がいる。つがいの一方がけがなどのため飛べずにいるのを気遣い、4年ほど前から渡りの季節を過ぎても夫婦そろって残るようになり、2年前...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク