全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

入笠山シーズン到来 4年ぶりアルプホルン響く開山祭 長野県

入笠山の頂上で登頂記念の写真に納まる登山客

 長野県富士見町と伊那市にまたがる入笠山(標高1955メートル)の開山祭が20日、御所平峠近くの登山口で行われた。両市町の関係者ら約100人が参加。4年ぶりに諏訪アルプホルンクラブ(矢嶋晴人代表)による雄大な演奏で一般の登山客を歓迎し、本格的な夏山シーズンの幕開けを祝い安全を祈願した。

 両市町とJA上伊那、入笠山旅館組合でつくる入笠観光連絡協議会が主催。神事に続いて、会長の白鳥孝伊那市長を代理し、伊藤徹副市長が「この豊かな自然を守り、美しい高原を後世に引き継ぐことがわれわれの使命」とあいさつ。富士見町の名取重治町長は取材に「多くの花が咲く季節を迎える。コロナも落ち着きつつあり、大勢の人に訪れてほしい」と話した。

 登山口から山頂までは30分ほどの行程。この日は立ち込めた霧のため名峰を見渡す大パノラマとはいかなかったが、頂上では大勢の人が爽やかな風を浴び、記念写真を撮って夏山を満喫した。東京から3回目の登山に訪れた50代の男性は、「花も見られて登りやすいのがいい。気持ちがいいです」と笑顔だった。

 入笠山は秋にかけて150種の山野草が楽しめる「花の宝庫」として知られる。初心者にも登りやすく山頂からの眺望も魅力として、関東や中京圏を中心に多くのハイカーやレジャー客が訪れている。

関連記事

長野日報社

諏訪湖祭湖上花火大会 有料桟敷席2カ所を新設へ 長野県

8月15日に開く第76回諏訪湖祭湖上花火大会で、長野県諏訪市の実行委員会は7日、諏訪湖間欠泉センター北側(下諏訪町側)と、諏訪湖イベントひろば(旧東バル跡地)の2カ所に有料桟敷席を新設すると発...

長野日報社

開館30周年のおもしろかっぱ館 歩み振り返る記念誌完成 長野県駒ケ根市

昨年開館30周年を迎えた長野県駒ケ根市下平のおもしろかっぱ館は、30年の歩みを振り返り未来に向けた同館のさまざまな取り組みを紹介する記念誌『おもしろかっぱ館開館30周年』を300部発行した。9...

長野日報社

高嶺ルビー、色づき進む 長野県駒ケ根市や宮田村

 タカノ(長野県宮田村)が駒ケ根市や宮田村で栽培している赤ソバ「高嶺ルビー」の花が、今年も見頃を迎えた。日に日に色づきが進み、ピンク色の花が一面に広がっている。  高嶺ルビーはタカノが信州大...

長野日報社

きょうからフラワーショー 長野県茅野市のバラクライングリッシュガーデン

 蓼科高原バラクライングリッシュガーデン(山田裕人代表)で6日、英国園芸の祭典「第33回バラクラフラワーショー」が開幕する。5日には長野県茅野市北山の同園でセレモニーを開き、関係者など約80人が出...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク