全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

ワカサギ釣果例年以上 諏訪湖のドーム船にぎわう 長野県

ドーム船でワカサギ釣りを楽しむ釣り人たち

 諏訪湖のワカサギ釣りがにぎわいを見せている。今季は「ワカサギが相当いる」と話題で、例年以上の釣果が出ている。温かい室内で穴釣り風情が味わえるドーム船では、長野県内外から集まった老若男女が糸を垂らし、小さな当たりと交流を楽しんでいる。

 水温が下がるほど、魚の活性が高まり、釣果が安定すると言われるワカサギ釣り。17日の諏訪湖の水温は4度で、いよいよ最盛期を迎えた。岡谷市湊の「民宿みなと」では、新型コロナ対策で通常の半分に減らした定員いっぱいの釣り客でにぎわっていた。

 重りが湖底についた途端にさお先が震える入れ食い状態が続いたかと思えば、しばらく当たりがない時間帯も。3時間で約270匹釣った阿形健二さん(75)=静岡県御前崎市=は「諏訪湖の魚を全部釣っちゃうからね」と語り、顔なじみの釣り客やスタッフと会話を楽しんでいた。

 1日で2000匹近く釣り上げた人もいたという。中澤滋専務は「ワカサギのご機嫌次第で釣果は変わりますが、お子さんでも100匹を狙えます。家族連れをはじめ、多くの皆さんに諏訪湖のワカサギ釣りを楽しんでほしい」と話している。

 諏訪湖釣舟組合の加盟店が運営するドーム船の釣りは、午前7時から午後3時まで楽しめる。

関連記事

紀伊民報社

50年間で1度上昇 紀伊水道の海水温 和歌山県水産試験場解析

 和歌山県水産試験場(和歌山県串本町)は、紀伊水道(瀬戸内海東部海域)の観測データを解析して、海水温が50年間で1度の上昇傾向にあることを明らかにした。また、透明度も上昇傾向にあることが分かった...

駅舎一面の切符見納め 帯広・幸福駅 27日に撤去 建て替え10周年

 帯広市の観光名所「旧国鉄広尾線幸福駅」(幸福町東1線)の駅舎が2013年の建て替えから10周年の節目を迎え、駅舎に貼られた切符が27日早朝に剥がされることになった。駅舎内の壁いっぱいに切符が...

荘内日報社

天神祭始まる 「化けもの」5年ぶりに酒振る舞う

 学問の神様・菅原道真公を祭る鶴岡天満宮の祭礼・天神祭が24日、同天満宮での大絵馬奉納で始まった。コロナ禍で中止していた化けものによる祭り客への地酒やジュースの振る舞いが5年ぶりに復活。いつもながらの...

宇部日報社

トビタテ!宇部高専生 3年生5人が文科省の留学支援制度に採択【宇部】

 宇部高専(金寺登校長)の3年生5人が、文部科学省の留学生支援制度「トビタテ!留学JAPAN」新・日本代表プログラム高校生コースの第9期に選ばれた。今年度の応募総数1566人のうち採択者数は...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク