全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北羽新報社

絵本作家の宮西さんが能代市で講演 母の古里で作品への思い語る

講演を行う絵本作家の宮西達也さん(能代市文化会館で)

 絵本作家の宮西達也さんを講師に招いた講演会「家族で楽しもう!宮西達也の世界」は19日、能代市文化会館中ホールで開かれた。家族連れなどが多く足を運び、宮西さんが作品に込めた思いを語るとともに、来場者を巻き込んだ絵本の読み聞かせを繰り広げたほか、絵本の販売やサイン会も行われた。

 市立能代図書館の創立120年記念事業として実施。母親(故人)が能代市出身の宮西さんは「おまえうまそうだな」「おれはティラノサウルスだ」などの累計200万部を超えるティラノサウルスシリーズや、「おとうさんはウルトラマン」といった人気作品を生み出してきた。
 講演会には約180人が来場。宮西さんは国内外で行った講演の様子などをユーモアを交えながら紹介した後、著書の「はーい!」を読み聞かせ。そして「僕の絵本は子ども時代をヒントにしている」と述べ、幼い頃の能代での思い出も語った。
 また、母親たちの大変さを感じて描いたという「おかあさんだいすきだよ」や、出身地である静岡県清水町のイメージキャラクター「ゆうすいくん」(宮西さん作)が主人公の「ドロドロドロンキーとゆうすいくん」などの読み聞かせでは、来場者を読み手に指名。演技につっこみを入れながら読み聞かせを展開し、会場に笑いが起こっていた。
 さらに、宮西さんは会場の雰囲気を踏まえ「大人たちが読み聞かせを楽しいと思っているように、子どもたちも楽しいと思っている」と語るとともに、気持ちをしっかり込めることが大切だとし、「上手じゃなくてもいい、下手でもいいので、子どもたちの顔を見ながらその子に合った読み聞かせをしてほしい」と呼び掛けた。
 講演会の後は宮西さんの絵本の販売や、サイン会が行われ、どちらも行列ができていた。
 家族5人で来場した大館市観音堂の芳賀心音さん(有浦小2年)は「『おまえうまそうだな』が好きで、宮西さんが日本語と中国語で読み聞かせをしたのが面白かった。絵と一緒にサインを書いてくれてうれしい」と話した。
 講演会に先立ち、宮西さんは読書の推進などに役立ててほしいと市に100万円を寄付した。

関連記事

紀伊民報社

懐かしの味をドライブインで 古久保さん腕振るう

 和歌山県田辺市龍神村広井原に9月にオープンしたドライブイン「龍の故郷(ふるさと)」で、厨房(ちゅうぼう)のスタッフとして働いている古久保清子さん(81)=龍神村西=は、昨年まで龍神村で長年愛さ...

荘内日報社

科学の甲子園県大会優勝 酒東高チーム2年連続 全国舞台へ決意

 科学好きな高校生が集い、知識・技術を競い合う科学技術振興機構(JST)主催の「第12回科学の甲子園」県大会で、県立酒田東高校(大山慎一校長、生徒487人)の理数探究科2年生8人の出場チームが優勝し30日、...

Sea級グルメ全国大会 苫小牧「ホッキしゅうまい」初制覇

苫小牧港の活性化に取り組む団体、みなとオアシス苫小牧運営協議会(会長・関根久修苫小牧港開発社長)が開発した「ホッキしゅうまい」が第13回みなとオアシスSea級グルメ全国大会で初優勝を果たした。水揚...

宇部日報社

きょうから師走、宇部健康保険センターの年末一斉監視指導始まる【宇部】

   きょうから師走。年末に向け、人も物の動きも活発になる。宇部健康福祉センター(前田和成所長)は1日、多種類の食品が短期間に大量流通する年末の食の安全確保を目的に、管内となる宇部、山陽小野田...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク