全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

母校中大から化粧まわし 芽室出身の新十両矢後

母校の中央大学から贈られた化粧まわしに笑顔の矢後

 大相撲秋場所(10日初日、東京・両国国技館)に新十両として臨む矢後(23)=本名・矢後太規(たかのり)、中大、埼玉栄高、芽室西中出、尾車部屋=に1日、母校の中大から化粧まわしなどが贈られた。矢後は入幕を次の目標に掲げ、「1番1番、大切に番付を上げたい」と抱負を語った。

 所要2場所での新十両入りは、中大出身では魁道康弘さん以来14年ぶりの快挙。贈られたのはスクールカラーの紺地に銀糸で校章が刺しゅうされた化粧まわしと紺色の締め込み、収納する明荷(あけに)の一式で、同日、都内の中大駿河台記念館で開かれた祝賀会で酒井正三郎総長・学長から手渡された。

 矢後は「中大の看板を汚さぬよう強くたくましい相撲を取る」と誓った。

 幕下時代の倍の15番取るため、スタミナ強化の稽古に力を入れる。秋場所で史上最年長で関脇に昇進した兄弟子の豪風ら先輩力士の胸を借り、ウエートトレーニングで下半身強化や筋力アップに励む。研究熱心で、学生時代からサンドバッグなどを自ら練習場に持ち込んでおり、部屋でも新しい器具で汗を流す。

 「床山さんの話では、まげが結えるのは来年3月ごろ」というスピード出世で、「関取の実感を徐々に感じ、充実している」と笑顔を見せる。

 新十両で給料を手にするが「両親に贈りたい」と孝行ぶりを発揮。同世代の学生相撲出身者の活躍が刺激で、「追いつき、追い越したい」と意気込む。

 祝賀会には中大出の豪風や相撲部のOBら約130人が出席し、活躍をたたえた。

関連記事

西郷に学ぶ島の「宝」 安田荘一郎さんが講演 奄美市生涯学習講座

 奄美で暮らした西郷隆盛の生き方を、経済という側面から捉え直す講演会が25日、鹿児島県奄美市名瀬の市民交流センターであった。講師を務めた「奄美『西郷塾』」の安田荘一郎塾長(69)=同市名瀬=は「...

「蒸し暑い」 熱中症疑われる救急増加 梅雨明け「真夏日」続く

 「蒸し暑い」「例年以上に(暑さを)感じる」-。鹿児島県奄美地方の梅雨明けが発表された22日以降、群島各地で最高気温30度以上の「真夏日」を観測している。これに伴い、熱中症が疑われる救急搬送が増...

奄美9海水浴場「AA」評価 県の水質調査、5段階で最高

 鹿児島県は24日、今年度実施した県内26カ所の海水浴場の水質調査結果を公表した。ほぼすべての海水浴場が最高評価の「AA」だった。奄美市名瀬の大浜海浜公園など、奄美群島内の4海水浴場は12年連続...

長野日報社

南ア登山の安全祈願 北沢峠で3年ぶり長衛祭 長野県伊那市長谷

 南アルプスの開拓者、竹澤長衛(1889~1958年)をしのぶ「第64回長衛祭」(同実行委員会主催)の碑前祭は25日、長野県伊那市長谷と山梨県南アルプス市境の北沢峠(標高2032メートル)で、3年...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク