全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

「縄文」ブースの写真投稿を 長野県諏訪地方6館でスタンプラリー

学芸員の豆知識も紹介しているキャンペーン用の特設ブース=岡谷美術考古館

 長野県諏訪地域振興局は、日本遺産「星降る中部高地の縄文世界」を構成する諏訪地方6市町村の博物館・考古館6館で、写真共有アプリ「インスタグラム」を活用したスタンプラリーキャンペーンを展開している。各館で撮影した「縄文」に関する特設ブースの写真をインスタグラムに投稿し、スタンプを集めた人にオリジナルバッグをプレゼントする。11月6日まで。

 「星降る縄文インスタキャンペーンスタンプラリー」と銘打ち、縄文の魅力を若い世代に広めようと企画した。参加館は岡谷美術考古館、諏訪市博物館、茅野市尖石縄文考古館、星ケ塔ミュージアム矢の根や(下諏訪町)、井戸尻考古館(富士見町)、八ケ岳美術館(原村)の6館。「学芸員の豆知識」に焦点を当て、各館で土器や土偶、 黒曜石の矢じりなどの縄文時代の遺物とともに、学芸員の縄文に関する小ネタや裏話を紹介したブースを設置している。

 来館者はブースの土器などを撮影し、「星降る縄文」や施設名に「#(ハッシュタグ)」を付けて投稿。その画面を各館の職員に提示して押印されるスタンプを3個集めると、オリジナルの肩掛け小型バッグ「サコッシュ」がもらえる。

 岡谷美術考古館は特設ブースで、目切遺跡から出土した市指定文化財「壺を持つ妊婦土偶」を発掘当時の割れたままの実物と、完形のレプリカを並べて展示。割れた状態で展示している理由を豆知識として紹介している。

 若者の視点で捉えた諏訪地方の縄文文化をSNSで発信してもらう狙いもある。同振興局企画振興課は「学芸員の 豆知識から新しい発見をしてもらい、若い人たちなどに諏訪地方の縄文を身近に感じてほしい」と期待している。

関連記事

長野日報社

「赤そばの里」一面ピンク 長野県箕輪町上古田の畑

 「赤そばの里」として知られる長野県箕輪町上古田の赤そば畑で、濃いピンク色の花をつける品種「高嶺ルビー」が見頃を迎えた。例年より1週間早め。約42ヘクタールの広大な畑一面を桃色に染める花風景に、...

長野日報社

23日から「雲海ゴンドラ」 富士見パノラマリゾート 長野県富士見町

 長野県富士見町の富士見パノラマリゾートは23日、早朝の雲海を楽しんでもらう「雲海ゴンドラ」の運行を始める。11月13日までの金、土、日曜日と祝日に限り、午前5時30分からゴンドラを特別運行。気象条件...

長野日報社

秋の行楽シーズン、観光地にぎわう 長野県上伊那地域3連休初日

 秋の行楽シーズンを迎えた3連休初日の17日、上伊那地域の観光地は好天にも恵まれ、県内外からの人出でにぎわった。新型コロナウイルスの収束が今だ見通せない中、事業者らは対策を徹底しながら訪れた人に...

長野日報社

中ア千畳敷で健康ウオーキング 上伊那魅力再発見ツアー 長野県

 長野県上伊那地域の行政や企業でつくる一般社団法人・長野伊那谷観光局は、管内の魅力を観光という切り口で紹介する「上伊那魅力再発見ツアー」を展開している。2020年度から始まり、県の支援事業とも...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク