全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

被災地のキャンプ村再開へ 復興の象徴に

7月1日に営業を再開する「百間山渓谷キャンプ村」=和歌山県田辺市熊野で

 和歌山県田辺市熊野(いや)にある「百間山渓谷キャンプ村」は7月1日、営業を再開する。運営を担う地元団体の会長で区長でもある岡田克哉さん(63)は「たくさんの方に来てもらい、にぎわいが戻るといい」と期待している。

 市町村合併前の旧大塔村が1978年に開設した施設。1万2540平方メートルの敷地に、バンガローやキャンプ区画などがある。地元の観光関連会社が運営していたが、2011年9月の紀伊半島大水害で地区が被災し、閉鎖していた。
 施設の営業再開に際し、市は、電源付きのテント区画(13・5メートル×5メートル)6カ所やトイレを新設。感染症も踏まえた換気対策として、エアコンや空気清浄機をほとんどのバンガローに設けた。
 新たに運営を担うのは、地区の住民や出身者でつくる「熊野ふるさと会」。25年3月末まで施設の指定管理者になる契約を市と結んでいる。
 岡田さんは「高齢者の多い地区だが、キャンプ村を放っておくと廃れていくだけ。『いつ再開なの』とか『また行きたいよ』という声ももらっていた。災害からの復興の象徴になるよう取り組んでいきたい」と展望を語った。
 市によると、閉鎖前の利用者は11年度1541人、10年度1718人、09年度2305人、08年度1970人。

関連記事

忘勿石之碑 慰霊祭の継承が課題 「語り部育成し記憶つなぐ」

 戦争体験者が年々減る中、竹富町内でも戦後生まれの町民が全体の9割を占めている。戦争マラリアの記憶を次世代にどう継承していくかが課題となっており、忘勿石之碑慰霊祭の開催もそのひとつだ。  慰霊...

長野日報社

岡谷市土石流災害から1年 知人や地元住民が献花 長野県

昨年8月、大雨により母子3人が犠牲となった長野県の岡谷市川岸東の土砂災害から15日で1年が経過した。この日、母子がいた住宅の跡地には、朝から被害者の知人や地元住民らが訪れ、花を手向けたり手を合...

豊川海軍工廠跡地で学ぶ平和行政

新規採用の市職員  豊川市は8日と10日、今年度採用した職員に対し、豊川海軍工廠(こうしょう)平和公園で、平和行政の学習をした。今年度から採り入れた新しいテーマ。  77年前の8月7日に市内で実際...

核の恐さ被爆体験で訴え 広島の八幡さん 苫小牧市非核平和都市条例施行20周..

1945年8月、広島市己斐本町(現・西区)の自宅で被爆した八幡照子さん(85)=広島県府中町=による被爆体験証言会が13日、苫小牧市文化交流センターで開かれた。市と広島市の主催で、70人が来場。原...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク