全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

山農生が乳幼児と触れ合い 山口

牛舎を見学しながら交流する親子と高校生(山口農高で)   

 山口農高(別府静二校長)で26日、生活科学科の3年生19人と乳幼児の触れ合い体験交流会が開かれた。生徒と親子がペアになって畜産棟を散歩したり、おもちゃで一緒に遊んだりして楽しい時間を過ごした。

 同科の授業「子どもの発達と保育」の時間を活用した5年目の取り組み。さまざまな分野から子育てを支援するNPO法人あっとが企画・運営し、子育て世代に参加を呼び掛けた。

 最初にプレゼントを贈呈してペアになり、本館から離れた畜産棟へと向かった。道中、生徒たちは幼児と手をつなぎ、歩幅にも気を配った。お母さんとは学校や子育ての話題でも盛り上がった。

 牛舎や鶏舎、豚舎を回り、動物とも触れ合った。大きなウシに興味津々の子もいれば、ニワトリが突然羽ばたいて泣きだす子もいた。「大きい」「さわりたい」などの声に、生徒たちが専門性を生かして対応していた。

関連記事

荘内日報社

砂浜にマイクロプラスチック その種類の多さに驚き 鶴工高環境化学科 3年生4..

 鶴岡工業高校(平山豊校長)の生徒が、庄内浜でマイクロプラスチックの研究に取り組んでいる。環境化学科3年の生徒4人が湯野浜海岸の砂を調べたところ風呂用品に使われる「ポリプロピレン」など5種類のマイクロ...

紀伊民報社

春の味覚「菜花」 日置川、すさみで収穫

 和歌山県白浜町の日置川地域やすさみ町で、食用菜の花「菜花(なばな)」が収穫されている。やわらかいつぼみや茎、葉を食べる旬の味覚。2月末ごろまで続く。  JA紀南によると、農家15戸が計約2ヘク...

三星 よいとまけに新商品、「りんご味」が登場

苫小牧市糸井のパン菓子製造三星(三浦実社長)は21日、お菓子「よいとまけ りんご」を新発売した。半世紀以上の歴史を誇るハスカップ菓子「よいとまけ」に、約6年半ぶりに新しい味が加わった。同社は「甘味...

排雪 学校敷地を活用 通学路の安全確保へ 帯広市

 帯広市は21日、市内小中学校の周辺路線の除排雪作業について、学校敷地内に排雪し作業を効率化する取り組みを始めた。通学路の安全確保に向けた新たな試みで、今後も各学校の周辺路線へと除雪範囲を広げてい...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク