全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

帯広「自慢の逸品」商店街に一役 8品加え計300品超に

 帯広市商店街振興組合連合会(市振連、杉山輝子理事長)が帯広市内の商店街の優れた商品や技術、サービスなどを認定する「自慢の逸品」の取り組みが今年で15回目を迎えた。今回は8店の商品を新たに追加。これまで認定された数は300品を超え、商店街ならではの魅力発信に一役買っている。

受川の店舗前に立つ自慢の逸品ののぼりと受川さん

 自慢の逸品は2007年、大型店との差別化を図り、集客につなげようと市振連青年部を中心に企画。市内の15商店街やその他の店舗に参加を呼び掛け、各店が自信を持って販売する商品、技術、サービスを「自慢の逸品三ツ星委員会」が書類とプレゼンテーションで審査し認定した。 

 第2回には最多の52店が認定され、第7回までは認定店を巡る体験ツアーを実施した。認定店はパンフレットやホームページ(HP)で紹介し、店舗には自慢の逸品のロゴマークが付いたポスターやのぼりが飾られる。

 次第に定着してきたが、商店街の会員数とともに参加店も減少し、直近5年は20店以下になっている。現在はプレゼンを行わず、各商店が推薦した逸品を認定。16年からは「あなたが選ぶ自慢の逸品」などを一般に募集し、パンフレットやHPに掲載している。

 今回はステーキら~めん(ら~めんみすゞ)、グラハムブロート(満寿屋本店)、特製肉みそらーめん(らーめん酒屋三楽)、スタンプパットいろもよう(受川)、ビニールパッチホルダーなど(マルゴ文具店本店)、スーパールミネX(中山金物店)、高級線香(丸屋仏壇店)、手書き・手彫りお位牌(三輪佛壇店)が認定。

 第1回から参加する帯広市内の文具店「受川」(大通南9)は、裁断で余った紙をまとめた「フリーカットメモ」など独自の商品を紹介してきた。仕入れ販売員の受川志津子さんは「ここでしか買えないものを知ってもらうことができ、大人気になっている商品もある」と効果を実感している。

 市振連の木川博史事務局長は「若い世代の人にも商店街の物販店に来てもらえる取り組みをし、これからも地域に根差した商店街にしていきたい」と話している。市振連では第15回を記念して11月30日まで、ツイッター投稿キャンペーンを行っている。

 市振連の公式アカウントをフォローし、歴代の自慢の逸品の中で「あなたがオススメしたい逸品」や「あなたの思い出エピソード」などを「#ジマンノイッピン」「#帯広商店街」を付けて投稿する。投稿した人の中から毎月3人に満寿屋商店の商品券をプレゼントする。

関連記事

荘内日報社

ベニバナのドライフラワー贈り交流 宮城県村田二中 修学旅行で酒田・山居倉庫..

 宮城県村田町の村田第二中学校(松﨑恵子校長)の3年生22人が27日、酒田市の国指定史跡・山居倉庫を訪問、生徒自ら栽培した町特産「ベニバナ」のドライフラワーを山居倉庫夢の倶楽を運営する酒田観光物産協会(...

紀伊民報社

熊野古道「潮見峠越」で道普請 有機栽培の農家グループ

 有機栽培に取り組む和歌山県田辺市の農家グループ「田辺印の会」(前田謙会長)が27日、市内にある世界遺産・熊野古道の「潮見峠越」で道普請をした。  会は2008年創立。農家14戸が計16ヘクター...

「伝泊」がグッドデザイン金賞 「島の自然と対話」がコンセプト 地域資源の..

 奄美イノベーション(山下保博代表)が運営する鹿児島県奄美市笠利町の高級リゾート宿泊施設「伝泊 The Beachfront MIJORA」がこのほど、2021年度グッドデザイン金賞(日本デザイ...

サウナから然別湖へダイブ 特殊テント導入 鹿追ホテル風水

 然別湖畔温泉ホテル風水(鹿追町然別湖畔)は、湖畔でアウトドアサウナを実施している。特殊テントでフィンランド式のサウナを楽しめ、水風呂代わりにテントから直接然別湖に入ることもできる。同ホテルの営業...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク