全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

帯広「自慢の逸品」商店街に一役 8品加え計300品超に

 帯広市商店街振興組合連合会(市振連、杉山輝子理事長)が帯広市内の商店街の優れた商品や技術、サービスなどを認定する「自慢の逸品」の取り組みが今年で15回目を迎えた。今回は8店の商品を新たに追加。これまで認定された数は300品を超え、商店街ならではの魅力発信に一役買っている。

受川の店舗前に立つ自慢の逸品ののぼりと受川さん

 自慢の逸品は2007年、大型店との差別化を図り、集客につなげようと市振連青年部を中心に企画。市内の15商店街やその他の店舗に参加を呼び掛け、各店が自信を持って販売する商品、技術、サービスを「自慢の逸品三ツ星委員会」が書類とプレゼンテーションで審査し認定した。 

 第2回には最多の52店が認定され、第7回までは認定店を巡る体験ツアーを実施した。認定店はパンフレットやホームページ(HP)で紹介し、店舗には自慢の逸品のロゴマークが付いたポスターやのぼりが飾られる。

 次第に定着してきたが、商店街の会員数とともに参加店も減少し、直近5年は20店以下になっている。現在はプレゼンを行わず、各商店が推薦した逸品を認定。16年からは「あなたが選ぶ自慢の逸品」などを一般に募集し、パンフレットやHPに掲載している。

 今回はステーキら~めん(ら~めんみすゞ)、グラハムブロート(満寿屋本店)、特製肉みそらーめん(らーめん酒屋三楽)、スタンプパットいろもよう(受川)、ビニールパッチホルダーなど(マルゴ文具店本店)、スーパールミネX(中山金物店)、高級線香(丸屋仏壇店)、手書き・手彫りお位牌(三輪佛壇店)が認定。

 第1回から参加する帯広市内の文具店「受川」(大通南9)は、裁断で余った紙をまとめた「フリーカットメモ」など独自の商品を紹介してきた。仕入れ販売員の受川志津子さんは「ここでしか買えないものを知ってもらうことができ、大人気になっている商品もある」と効果を実感している。

 市振連の木川博史事務局長は「若い世代の人にも商店街の物販店に来てもらえる取り組みをし、これからも地域に根差した商店街にしていきたい」と話している。市振連では第15回を記念して11月30日まで、ツイッター投稿キャンペーンを行っている。

 市振連の公式アカウントをフォローし、歴代の自慢の逸品の中で「あなたがオススメしたい逸品」や「あなたの思い出エピソード」などを「#ジマンノイッピン」「#帯広商店街」を付けて投稿する。投稿した人の中から毎月3人に満寿屋商店の商品券をプレゼントする。

関連記事

長野日報社

御柱祭下社里曵き 安全な曳行へ氏子協力 夜間にずれ込み日程課題 長野県

 諏訪大社御柱祭下社里曳きは14~16日に長野県下諏訪町で行われ、春宮、秋宮の社殿の四隅に計8本の御柱を無事に曳き建てた。初日午前に小雨が降ったが期間を通じて天候に恵まれ、新型コロナウイルスの感染...

紀伊民報社

パンダの竹でイカの産卵床 食べ残し使い30基

 和歌山県白浜町のレジャー施設「アドベンチャーワールド」は17日、ジャイアントパンダが食べ残した竹の枝葉を使ってアオリイカの産卵床を作った。町内の海底に沈めて産卵状況を観察し、効果があれば継続し...

荘内日報社

天神祭のごっつぉ「化け弁」楽しんで 鶴岡4事業所予約受け付け プレゼント・..

 伝統の祭りの雰囲気を家庭で楽しんでもらおうと、鶴岡商工会議所は今年も鶴岡市の天神祭(25日)に合わせた弁当「化け弁」の販売を企画した。地元食材を使った「祭りごっつぉ」を楽しんでもらう企画で、新たに...

女児に付きまとい校区で続発 帯広栄小学校 防犯教室を前倒し

 帯広栄小学校(市西17北1、塩田直之校長、児童393人)の校区内で4月中旬から不審者情報が相次いでいることを受け、同小は予定していた恒例の防犯教室を前倒しし、16日に実施した。帯広署員を講師に招...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク