全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

野菜が高い 道内干ばつ、本州大雨で品薄 帯広

道内の高温や本州の長雨の影響で野菜が高値となっている

 帯広市内のスーパーで、キュウリやナスなどの果菜やホウレンソウを中心に、全般的に野菜の価格が高値傾向となっている。主要産地の十勝や上川地方の7月から8月にかけての高温と干ばつ、本州の大雨の影響で品薄状態となり、平年と比べ2倍近くの値がついている商品もある。

 スーパー関係者らによると、野菜の価格は暑さの影響で消費が鈍り、8月上旬ごろまで全般的に安値で推移していた。しかし、道内の高温と干ばつでキュウリやホウレンソウなどの出荷量が減少したほか、関東や九州の長雨で道内産の引き合いが強まったことから価格は上昇傾向に。帯広地方卸売市場によると、ナスの卸売り単価が前年比3割高となっているのをはじめ「相場は全体に上向いている」(大西恵一青果部長)。

 スーパー・ダイイチではホウレンソウの販売価格が平年より100円ほど高い。販促を図ろうにも「数がなくて特売に入れられるような状況ではない。ここまで全般的に高値傾向というのは最近ではあまりない」(岩花利典青果担当バイヤー)。キュウリも、平年は1本30~40円の販売価格が同60~70円に上がっている。そのため、消費者が手に取りやすいよう、ばら売りを中心に展開している。

 コープさっぽろでもホウレンソウの入荷が安定せず、販売価格が例年より100円ほど高くなっている。一橋和久帯広日高地区本部農産SV(スーパーバイザー)は「農産物で安値なのはキノコぐらい」と話す。ただ、これからの季節は鍋物などでキノコの需要も高まるとみられる。

 冬場にかけて、市場に出回る果菜や葉ものなどの野菜は例年、九州など道外産がメインになっていくことから、関係者は「雨の影響で今後も出荷量の減少が懸念される」とし、価格動向を注視している。

関連記事

紀伊民報社

テントサウナ貸し出し始める

 和歌山県古座川町相瀬にある道の駅「一枚岩」で飲食や物産の販売、キャンプ場の運営に取り組む「monolith(モノリス)」(田堀穣也代表)が、テントサウナの貸し出しを始めた。国の天然記念物に指定...

荘内日報社

躍る!! 切山椒 「観音様のお歳夜」向け本格化

 鶴岡市で今月17日に行われる「観音様のお歳夜(としや)」に向け、冬の風物詩「

王子サーモン製造ピーク 年末年始の贈答向け 今月は45トン生産

苫小牧市有明町の王子サーモン北海道工場では、年末年始向けのスモークサーモンの製造がピークを迎えている。約60人が交代で色鮮やかなサーモンの薫製や骨の抜き取り、カットなどの作業に取り組む。  同...

山田機械工業 楽器800万円分贈呈 帯広市内6校に

 「ピカピカの楽器で、子どもたちに喜んでほしい」-。部活動の楽器の老朽化が課題となる帯広市内の中学校に、民間からの寄付が相次いでいる。2日に市内の山田機械工業(山田康太社長)が、6校に計約80...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク