全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

「膵がんセンター」開設 県立医大病院

県立医科大学付属病院に「膵がんセンター」を開設すると発表する山上裕機病院長(28日、和歌山市で)

 和歌山県立医科大学付属病院は、高難度な膵(すい)がんの診断や治療、研究などに病院を挙げて取り組もうと「膵がんセンター」を9月1日に開設する。高い実績を誇る高度治療技術を生かし、院内の各診療部門が連携して取り組む。他の医療機関や患者、家族、一般住民が治療について相談できる窓口も設ける。大学病院で膵がんに特化したセンターは全国初ではないかという。

 山上裕機病院長らが28日に記者発表した。山上病院長によると、膵がんは診断や治療が難しく、全国的に死亡者数が増えている。県内でも、2017年調査では、膵がん死亡者数は人口10万人当たり8・2人(全国6・9人)で、北海道、富山県に次いで3番目の多さとなっており、早期発見、早期治療が重要という。
 同病院ではこれまで、膵がん治療は消化器内科や消化器外科が主に担ってきたが、センターとして放射線科や病理診断科、糖尿病内科、臨床研究センターなども連携し、診断や治療、研究などを実施。患者支援センターやがん相談支援センター、看護部は情報提供や相談対応に当たる。
 医大病院はすでに、県内全域や大阪府南部の医師会や病院協会と協力し、膵がんの疑いがある患者に、超音波内視鏡検査を実施して早期に発見する「きのくにプロジェクト」を進めている。医大病院は「肝胆膵外科学会」から高度治療の実績が認められた医師が全国でも有数の多さといい、膵がん手術実績は全国でも8番目(17年)に多いという。標準療法では治らない患者を対象に、患者の細胞を使ったワクチンによる免疫療法などの研究も進めている。
 センターでは、これらを充実させ、早期診断、手術の高度化、新たな治療法開発について、取り組みを進めたいという。
 山上病院長は「医大病院が保有する専門的で高度な医療技術を組織的に充実させて提供したい。患者や家族に対する相談窓口を一本化させて適切な支援をし、他の医療機関との連携も進めていきたい」と話した。
 センターの相談窓口は073・441・0905。

関連記事

北羽新報社

3年ぶり能代山本の実年の球宴 「400歳野球大会」開幕

 第80回400歳野球大会(北羽新報社主催)は25日、能代市の赤沼球場、八峰町の峰浜野球場で開幕した。コロナ禍で2年延期され3年ぶりの開催となり、前回より10チーム少ない42チームがエントリーし、実年球児...

長野日報社

選手700人鉄人レース トライアスロン大会 長野県諏訪6市町村

 長野県諏訪6市町村を巡るスワコエイトピークスミドルトライアスロン大会2022(県、諏訪6市町村、商工会議所・商工会、長野日報社、日本トライアスロン連合でつくる実行委員会主催)は25日、諏訪湖畔...

紀伊民報社

ビーチラグビー開幕 44チームが熱戦

 和歌山県白浜町の白良浜海水浴場で25日、第25回ビーチラグビー白浜大会(実行委員会など主催)が開幕した。新型コロナの影響で中止していたため、3年ぶりの開催となる。10都府県から3部門に計44チ...

荘内日報社

創立60周年節目祝う 羽黒学園 羽黒高校

 鶴岡市の羽黒高校(加藤和司校長、生徒766人)で23日、同校の創立60周年記念式典が行われ、在校生や教職員などが節目の年を祝った。  同校は1962(昭和37)年に羽黒工業高校として創立。89(平成元)年に...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク