全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

岩波昭雄さん油彩画 千葉の金谷美術館に寄贈

金谷美術館に寄贈された油彩画「残照」。左は鈴木裕士館長、右は長男の岩波昭彦さん

 茅野市玉川の洋画家・岩波昭雄さん(77)は、千葉県の各地を描いた油彩画の「工場街」(30号F)、「薄明の海」(30号F)、「残照」(20号P)を、同県富津市の公益財団法人金谷美術館(鈴木裕士館長)に寄贈した。1971年から78年の間に制作した3点。同館では「40年余り前の新日鐵住金君津製鐵所や犬吠崎、九十九里浜の風景が描かれ、貴重な資料ともなる」と感謝している。

 岩波さんは下諏訪町出身。県展記念賞、県勤労者美術展でも受賞を重ね、90年から99年まで二紀展に連続入賞、入選を果たした。長男で日本美術院院友の岩波昭彦さん(千葉県佐倉市)と茅野市美術館、新宿三越で父子展や二人展、東京紀伊国屋画廊などで個展を開催。この間アートアカデミーを主宰し、多くの門下生を育てた。

 昭雄さんは30代の時、仕事の関係でよく千葉県に出張した。新日鐵の工場街や太平洋に突出する岬、どこまでも続く長い浜は憧れの風景で、余暇を利用して制作。「工場街」は県勤労者美術展で労働大臣賞、「薄明の海」は諏訪美術展で三井賞を受賞している。

 金谷美術館は2010年設立され、昭彦さんの作品を所蔵する。昭彦さんを通して、父親の昭雄さんに千葉を描いた作品があることを知った同美術館が寄贈を希望し、昭雄さんが快諾した。

 鈴木館長は「激しい海の表現の中にも優しさと穏やかさを感じ、情感豊かに描かれている。末永く大切にし、多くの人に楽しんでもらうよう努めたい」と語った。昭雄さんは「長年手元に置いていたが、さまざまな縁から寄贈に至った。古里に作品を返した思いです」と話している。

関連記事

紀伊民報社

幸福の黄色いカエル 和歌山県立自然博物館で展示

 和歌山県田辺市の大塔地域で、黄色いカエルが見つかった。通常は緑色をしたシュレーゲルアオガエル(アオガエル科)の色彩変異個体。展示を始めた県立自然博物館(海南市船尾)によると、目立つために捕食者...

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク