全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ゆっくり「キハ40系」の旅 鉄道の日 10月14日運行 新得

 新得町商工会(湯浅悟史会長)は「鉄道の日」の10月14日、「キハ40系で行く石勝線信号場停車の旅」を実施する。町開拓120周年を記念した特別列車で、普段は特急しか走行しない線路を、各信号場に停車しながらゆっくり楽しめる。定員120人で、14日から予約の受け付けを始める。

チラシを手にツアーをPRする三輪さん

 町商工会では新得駅周辺のにぎわい創出のため、昨年、鉄道をテーマにしたイベントを開催。多くの鉄道ファンから好評を得たことから、今年はさらに内容を充実させたイベントを企画した。

 ツアーは、10月11~20日に駅周辺で実施する「新得駅パネル・ジオラマ展2019」の一環。国鉄時代に製造され、鉄道ファンに人気の「キハ40系気動車」で、新得駅と追分駅(胆振管内安平町)を往復する。国鉄色のオレンジの車両を使用する。

 安平町では、4月19日にオープンした鉄道がテーマの「道の駅あびらD51ステーション」を見学する。町商工会まちづくり事業部推進役の三輪昌宏さんは「鉄道のまち新得と同じ鉄道のまち安平の間を、のんびり走る旅を楽しんでもらいたい」と話す。

 当日は午前9時35分に新得駅発、午後5時4分帰着。参加費はオリジナル乗車券、駅弁付きで7500円(12歳以下は5500円。駅弁不要の場合はそれぞれ500円引き)。申し込み、問い合わせは町商工会(0156・64・5324)へ。

関連記事

「ヨットのまち」沖合を56艇が疾走 蒲郡でエリカカップ

 日本最大級のヨットレース「エリカカップ」が19日、蒲郡市の沖合で開かれた。愛知県や三重県から56艇が出場した。  1981年に冒険家の長江裕明さんを乗せた「エリカ号」が、常滑市から出港し4年...

「日本画壇の風雲児」中村正義の画業たどる 生誕100年、豊橋で展示会

 豊橋市向山大池町の「ギャラリーサンセリテ」で企画展「生誕100年 中村正義展―豊橋の正義さん」が開かれている。「日本画壇の風雲児」と呼ばれた作家の画業を豊橋ならではの展示で紹介している。26日まで。...

「がまごおりじなる」潮干狩り

 蒲郡市シティセールス推進協議会は12日、三谷地区の水神海岸で市民対象のイベント「がまごおりじなる潮干狩り大会」を開催した。市制施行70周年記念事業の一環。  協議会は自分たちで蒲郡ならではの...

長野日報社

災害への備え再確認 防災拠点巡るウオーキング JOCA駒ケ根

 JOCA(青年海外協力協会、本部・長野県駒ケ根市)駒ケ根は11日、同市中心部の防災拠点などを巡って、能登半島地震被災地にエールを送るウオーキングイベント「ゴッチャ!ウオーク」を開いた。子どもか...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク