全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

こどもの日公演 大人顔負けの芸能披露 13団体110人が出演

こどもの日公演」で日ごろの練習成果を披露。大人顔負けの踊りで会場を魅了した=28日午後、石垣市民会館中ホール

 5月5日の「こどもの日」を前に、子どもだけの舞台「郷土芸能の夕べ こどもの日公演」(同運営委員会主催)が28日、石垣市民会館で開かれ、小中学生110人余りが八重山に伝わる芸能などを披露。日ごろの練習成果に会場から温かい拍手が送られた。

 公演は2部構成で行われ、舞踊や斉唱、エイサーなど24演目。横目博二・貞子研究所の「白保節」で幕開けすると13の研究所や郷土芸能部の子どもたちが舞台衣装に身を包み「ヨーホー節」や「鷲ぬ鳥節」「まやぁゆんた」などを大人顔負けの身のこなしで演じた。

 エイサーでは、真地米子太鼓研究所の子ども6人が力強いばちさばきで舞台を盛り上げ、宮良訓子舞踊道場の安村里帆さんは一人で「鳩間節」を踊り、優雅な所作に会場からは盛大な拍手がわき起こった。

 司会は、登野城小学校の今村謡太郎君(6年)と妹の舞穂さん(4年)が務めた。

 公演は八重山芸能のすそ野を広げ、後継者育成につなげることを目的とした恒例イベントで、今回で20回目の節目を迎えた。

関連記事

紀伊民報社

シャクナゲ咲く 和歌山・印南の川又観音

 和歌山県印南町川又にある川又観音周辺でシャクナゲ(ツツジ科)が見頃を迎えており、参拝者や写真愛好者が山中に映える鮮やかな花を楽しんでいる。  同町の山間部にある厄よけで知られる観音で、シャクナ...

障害者の芸術イベント アール・ブリュット、苫小牧の2人も活躍

苫小牧市文化会館で3月に開かれた芸術イベント「アール・ブリュットin苫小牧2024」(苫小牧の文化と福祉を考える会主催)では、市内在住のアーティスト2人も活躍した。迷路作家の村川信也さん(50)と...

荘内日報社

プロジェクションマッピング鮮やかに 鶴岡・致道博物館重文「旧西田川郡役所」..

 鶴岡市の致道博物館(酒井忠順館長)にある国指定重要文化財「旧西田川郡役所」のリニューアルオープンを前に19日夜、クラウドファンディング(CF)の協力者を対象にした特別内覧とプロジェクションマッピン...

道の駅おとふけ来場128万人 2年目も好調

 音更町内の「道の駅おとふけ」(なつぞら2、愛称・なつぞらのふる里)が、15日に新築移転オープンから丸2年となった。2年目は、年間来場者数が128万2896人(対前年比14.9%減)で、開業初年(...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク