全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

キヌアが縁で国際交流 駐日ボリビア大使が富士見高訪問

富士見高校のほ場で生徒と一緒にキヌアの種をまく駐日ボリビア大使のアンヘラ・アイリョンさん

 駐日ボリビア臨時代理大使のアンヘラ・アイリョンさん(44)が19日、国際親善交流で富士見高校(富士見町)を訪れた。同国が主産国の雑穀キヌアの栽培研究を同校生徒が行っている縁。アンヘラさんは園芸科の生徒たちと同校ほ場にキヌアの種をまき、同校で昨年収穫されたキヌアと、生徒が商品化に携わった同町特産野菜のルバーブを原材料にしたカレーも味わって交流した。

 同校はキヌアを栽培し3年目。種の提供などで栽培のきっかけを作った日本キヌア協会事務局長の日高憲三さん=東京都=が橋渡しをし今回の交流が実現した。

 アンヘラさんは園芸科全校生徒100人を前に講演しボリビアを紹介。日本人移民が入植し今年120年になることや栄養価が高いキヌアは7000年前から栽培され、「黄金の穀物」「聖なる食べ物」と呼ばれていることなどを話した。

 同校ほ場で園芸科2、3年生61人とキヌアの小さな種を丁寧にまき、「日本でも栽培が始まり、若い人にも興味を持ってもらえるのはうれしい」と話した。園芸科3年の土井海璃さんは「ペルー、チリなど原産国が異なるキヌアの種をまいて、収量の違いなどを調べる研究を1年かけて友人と行いたい」と話していた。食事会ではゆでたキヌアをカレーに添えて味わった。

関連記事

紀伊民報社

巨大な落石防護柵 地滑りの兆候で対策

 地滑りの兆候が確認されている和歌山県田辺市上秋津の奇絶峡に、高さ5・5メートル、延長約150メートルの落石防護柵が設置された。柵の上60メートルの所にある直径約3メートルの巨石が転落しても止め...

漂着ごみ186キロ収集 龍北中生らリサーチきょら活動 龍郷町

 鹿児島県奄美大島龍郷町の龍北中学校(山縣祥美校長、生徒7人)と奄美海上保安部は23日、同町の嘉渡海岸で漂着ごみを調査する「リサーチきょら活動」を実施した。生徒たちは教諭9人、海保職員4人と共に...

「ハピまん」2万個販売 チーズ伸びて大ヒット 音更

 JA木野(清都善章組合長)の子会社が運営するスーパー「ハピオ」(音更町木野大通西7、石田晴久店長)が4月から販売している、チーズまんじゅう「ハピまんチーズ」の売れ行きが好調だ。これまでに2万個を...

宇部日報社

児童がカヌー体験、小野湖で自然満喫

 小野小(河口龍裕校長)の3~6年生14人が22、23の両日、小野湖でカヌーを体験した。20年以上続く恒例行事で、2日目はアクトビレッジおのまで約2㌔の行程を往復。パドルの動かし方を確認しながら...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク