全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

キヌアが縁で国際交流 駐日ボリビア大使が富士見高訪問

富士見高校のほ場で生徒と一緒にキヌアの種をまく駐日ボリビア大使のアンヘラ・アイリョンさん

 駐日ボリビア臨時代理大使のアンヘラ・アイリョンさん(44)が19日、国際親善交流で富士見高校(富士見町)を訪れた。同国が主産国の雑穀キヌアの栽培研究を同校生徒が行っている縁。アンヘラさんは園芸科の生徒たちと同校ほ場にキヌアの種をまき、同校で昨年収穫されたキヌアと、生徒が商品化に携わった同町特産野菜のルバーブを原材料にしたカレーも味わって交流した。

 同校はキヌアを栽培し3年目。種の提供などで栽培のきっかけを作った日本キヌア協会事務局長の日高憲三さん=東京都=が橋渡しをし今回の交流が実現した。

 アンヘラさんは園芸科全校生徒100人を前に講演しボリビアを紹介。日本人移民が入植し今年120年になることや栄養価が高いキヌアは7000年前から栽培され、「黄金の穀物」「聖なる食べ物」と呼ばれていることなどを話した。

 同校ほ場で園芸科2、3年生61人とキヌアの小さな種を丁寧にまき、「日本でも栽培が始まり、若い人にも興味を持ってもらえるのはうれしい」と話した。園芸科3年の土井海璃さんは「ペルー、チリなど原産国が異なるキヌアの種をまいて、収量の違いなどを調べる研究を1年かけて友人と行いたい」と話していた。食事会ではゆでたキヌアをカレーに添えて味わった。

関連記事

奄美、沖縄合同で西表島視察 自然との共生へこども環境調査隊 

 鹿児島県奄美市内の小中学生6人で結成した「奄美こども環境調査隊」(奄美市教育委員会、南海日日新聞社主催)の沖縄県西表島視察が22日、始まった。初日は干潟の生き物を観察したほか、人と自然の共生に...

荘内日報社

山形大農学部2年生と研究生 就職、定住へ鶴岡の産業学ぶ

 山形大農学部の2年生と研究生を対象にした企業見学会が22日、鶴岡市内の2企業で行われ、学生たちが就学地の産業に理解を深めた。  学生たちに同市の産業の特色や企業活動への関心を高めてもらおうと昨年に...

紀伊民報社

ジオパークセンターが完成

 紀南に広がる貴重な地質遺産の情報を発信する「南紀熊野ジオパークセンター」が、和歌山県串本町潮岬の潮岬観光タワー隣接地に完成した。27日正午にオープンする。  県が約7億4千万円をかけて建設し...

帯広メロン味わって 大玉「プレミアム」登場 出荷開始

 帯広と芽室の農家6戸が栽培している「帯広メロン」の出荷が23日、始まった。販売元のキサキ糧穀(帯広市愛国町)に約300玉が集まり、箱詰めして小売店や贈答用に発送された。  マスクメロンの帯...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク