全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

クジラ骨の鳥居 老朽化で建て替え

建て替えられたクジラの骨の鳥居(19日、太地町で)

 和歌山県の太地町漁協(脊古輝人組合長)は、同町太地の恵比須神社にあるクジラ骨の鳥居を建て替えた。以前の鳥居が老朽化していたためで、19日に関係者が神事をして完成を祝った。
 クジラ骨の鳥居は、江戸時代の浮世草子「日本永代蔵」(井原西鶴作)に「泰地という里」の「鯨恵比須の宮」には高さが三丈(約9メートル)もあるクジラの胴骨でできた鳥居があると書かれていることに発想を得て、太地魚商組合が1985年、クジラのあご骨で鳥居を造ったのが始まり。96年に老朽化に伴って建て替えており、今回で3代目。高さは約3メートルで、町立くじらの博物館が所蔵していたイワシクジラのあご骨を繊維強化プラスチック(FRP)で覆い、特殊な塗料を塗るなどして造った。
 この日の神事には、脊古組合長や三軒一高町長らが参列。背古組合長は「太地ならではの鳥居。商業捕鯨が再開されるが、太地の文化を守るためにも一生懸命頑張りたい」と話した。

関連記事

最後の豊川手筒まつり

 今年で最後を迎えた豊川市民まつり「第32回豊川手筒まつり」が24日夜、豊川市野球場で開催された。  午後6時から約3時間、全39ステージで市内の13連区による約400本の手筒煙火や、企業・団体によ...

荘内日報社

旧「ホテル雷屋」解体へ

 鶴岡市は23日、廃業後約12年間にわたって放置されている同市の堅苔沢地区の沿岸にある7階建ての旧「ホテル雷屋」を、空家対策特別措置法に基づく略式代執行で解体する方針を明らかにした。老朽化で外壁や屋上の...

紀伊民報社

調理体験型カレーパン食堂

 大学生が経営する調理体験型のカレーパン食堂が26日、JR紀伊田辺駅前のミュージックカフェ「モミの木」を借りてオープンする。客にカレーや具材を生地に詰めてもらい、揚げたてを提供する。9月1日まで...

宇部日報社

山口市とJR西日本山口支社が9月からレノファのラッピング列車

 山口市とJR西日本山口支社は23日、サッカーJ2レノファ山口のマスコットキャラクター「レノ丸」と市の観光名所のイラストをあしらったラッピング列車を運行すると発表した。9月1日から山口線を中心に...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク