全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

灯に祈り「やに回し」 辰野町唐木沢

真っ暗なグラウンドを明るく照らしながら行われた「やに回し」

 辰野町唐木沢で古くから伝わる伝統行事「やに回し」が26日夜、唐木沢グラウンドで行われた。空き缶に松やにを付けた木の枝を入れ、火をつけて振り回す古来から伝わる風習で、地元の小中学生や大人たち約20人が参加。激しく雪が降るあいにくの天候の中、真っ暗なグラウンドを明るく照らしながら、新しい1年の学業成就や無病息災を祈った。

 やに回しはもともと、学業の神様「天神様」に参る際の灯明で、振り回すのは唐木沢のみ。町公民館唐木沢分館(加島繁好分館長)と唐木沢育成会(唐澤利文会長)が共催する。

 児童らは早朝から区内の天神様を参拝。代々受け継がれる版木で印刷したお札を区内26戸に配布。小正月飾りを集めてグラウンドに積み上げるなど、伝統行事の準備を行った。

 日没後の午後5時30分を過ぎると参加者たちはアカマツの枝を詰めた空き缶に点火。赤々と燃え上がる缶を勢いよく回し周辺を明るく照らしていた。

 加島分館長は「少子化で行事の継続も厳しいが、伝統の灯は消せない。区を挙げて存続に向けて取り組みたい」と話していた。

関連記事

奄美、沖縄合同で西表島視察 自然との共生へこども環境調査隊 

 鹿児島県奄美市内の小中学生6人で結成した「奄美こども環境調査隊」(奄美市教育委員会、南海日日新聞社主催)の沖縄県西表島視察が22日、始まった。初日は干潟の生き物を観察したほか、人と自然の共生に...

荘内日報社

山形大農学部2年生と研究生 就職、定住へ鶴岡の産業学ぶ

 山形大農学部の2年生と研究生を対象にした企業見学会が22日、鶴岡市内の2企業で行われ、学生たちが就学地の産業に理解を深めた。  学生たちに同市の産業の特色や企業活動への関心を高めてもらおうと昨年に...

紀伊民報社

ジオパークセンターが完成

 紀南に広がる貴重な地質遺産の情報を発信する「南紀熊野ジオパークセンター」が、和歌山県串本町潮岬の潮岬観光タワー隣接地に完成した。27日正午にオープンする。  県が約7億4千万円をかけて建設し...

帯広メロン味わって 大玉「プレミアム」登場 出荷開始

 帯広と芽室の農家6戸が栽培している「帯広メロン」の出荷が23日、始まった。販売元のキサキ糧穀(帯広市愛国町)に約300玉が集まり、箱詰めして小売店や贈答用に発送された。  マスクメロンの帯...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク