全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

灯に祈り「やに回し」 辰野町唐木沢

真っ暗なグラウンドを明るく照らしながら行われた「やに回し」

 辰野町唐木沢で古くから伝わる伝統行事「やに回し」が26日夜、唐木沢グラウンドで行われた。空き缶に松やにを付けた木の枝を入れ、火をつけて振り回す古来から伝わる風習で、地元の小中学生や大人たち約20人が参加。激しく雪が降るあいにくの天候の中、真っ暗なグラウンドを明るく照らしながら、新しい1年の学業成就や無病息災を祈った。

 やに回しはもともと、学業の神様「天神様」に参る際の灯明で、振り回すのは唐木沢のみ。町公民館唐木沢分館(加島繁好分館長)と唐木沢育成会(唐澤利文会長)が共催する。

 児童らは早朝から区内の天神様を参拝。代々受け継がれる版木で印刷したお札を区内26戸に配布。小正月飾りを集めてグラウンドに積み上げるなど、伝統行事の準備を行った。

 日没後の午後5時30分を過ぎると参加者たちはアカマツの枝を詰めた空き缶に点火。赤々と燃え上がる缶を勢いよく回し周辺を明るく照らしていた。

 加島分館長は「少子化で行事の継続も厳しいが、伝統の灯は消せない。区を挙げて存続に向けて取り組みたい」と話していた。

関連記事

釧路新聞社

谷口夫妻 林産で天皇杯【標茶】

谷口種苗農園(町開運8)取締役会長の谷口洋一郎さん(77)と同取締役の希(まれ)子(こ)さん(70)夫妻が、2019年度第58回農林水産祭天皇杯(林産)を受賞した。 天皇杯林産部門の受賞は道内...

小浜小の6年生7人 島の魅力、観光パンフ作成 はいむるぶしに贈呈 

 【小浜】小浜小中学校(漢那ひとみ校長)の小学6年生7人がこのほど、来島者に島の良さ・魅力を伝えようとパンフレットを作成、小浜港とリゾート施設「はいむるぶし」に贈呈し観光客への配布を依頼した。 ...

長野日報社

米俵ピラミッドお目見え 24日に飯島町米俵マラソン世界大会

長野県飯島町を舞台に米俵を担いで健脚を競う第7回「飯島町米俵マラソン世界大会」が24日に行われる。大会の成功に向けて機運を高めようと、主催する実行委員会の関係者らがメイン会場の町文化館玄関に米俵...

世界で働く極意学ぶ

東三河の魅力企業スタディープログラム  県は18日、「第2回東三河の魅力企業スタディープログラム」を県立時習館高校(高畑尚弘校長)で開いた。1年生320人が参加。2016年から実施している「...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク