全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

恒久平和への願い発信 「平和の鐘」鐘打に市民ら参加

世界の恒久平和を願って平和の鐘を打ち鳴らす子どもたち=15日午後、新栄公園内

 世界平和の鐘の会沖縄県支部(大濵達也支部長)は15日、新栄公園世界平和の鐘鐘楼で「終戦の日」平和祈念鐘打式を行った。会員や市職員、一般参加者らが鐘を打ち鳴らし、世界の恒久平和を願った。

 石垣混声合唱団が「平和の歌声」を披露した後、正午のサイレンに合わせて黙とう。学童ほいく竹の子クラブの1~4年生15人が千羽鶴を大濵支部長に贈呈、平和をテーマにした詩を朗読した。

 大濵支部長はあいさつで「過去の過ちを直視し、愚かな戦争の事実を考える日。戦争の悲惨さ、命の尊さ、平和について考える事業を推進する。心を一つに平和を発信しよう」と呼び掛けた。

 中山義隆市長は、日本武道館で開催された全国戦没者追悼式で、県遺族連合会八重山支部の大山幸子副支部長の孫・大山櫻さん(八重山高校2年)が沖縄県の青少年代表として献花すると紹介、「若い世代が平和について考える貴重な場になる」と述べた。

 鐘打には外国人観光客3人も訪れた。この日、香港から空路来島し、たまたま見かけた鐘打式に参列したというミシェル・チェンさん(29)は「この日が日本の終戦記念日とは知らなかったが、歴史をきちんと子どもたちに伝えていることはいいことだと思った」と話した。

関連記事

昔ながらの遊びなど体験 青少年の家まつり

 スポーツや昔ながらの多彩な遊びが体験できる「青少年の家まつり&遊びリンピック」(県立石垣青少年の家、県教育委員会主催)が17日、青少年の家で開かれ、家族連れを中心に730人(主催者発表)がイベン...

自慢のそり 幕別・忠類快走

 自作そりでコースを滑り降りる「第36回忠類ナウマン全道そり大会」(実行委主催)が17日、幕別町営忠類白銀台スキー場の特設会場で開かれた。管内外から39台のオリジナルそりが登場し、観客から大き...

紀伊民報社

福祉に関心を ふれあい文化祭

 和歌山県田辺市文里2丁目のガーデンホテルハナヨアリーナで16日、第25回ふれあい文化祭(実行委員会主催)が始まった。舞台発表や飲食物の販売などがあり、多くの人でにぎわっている。17日まで。  ...

犬まっしぐら 冬の「運動会」 ドッグ競技に全国愛犬家 中札内

 犬ぞりなどのドッグスポーツが楽しめる催しが16日、バンブードッグフィールド(村東戸蔦東6線152ノ4)で始まった。小型犬の参加や無料観覧ができるイベントで、飼い主と愛犬が雪上で息の合ったレー...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク