全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

恒久平和への願い発信 「平和の鐘」鐘打に市民ら参加

世界の恒久平和を願って平和の鐘を打ち鳴らす子どもたち=15日午後、新栄公園内

 世界平和の鐘の会沖縄県支部(大濵達也支部長)は15日、新栄公園世界平和の鐘鐘楼で「終戦の日」平和祈念鐘打式を行った。会員や市職員、一般参加者らが鐘を打ち鳴らし、世界の恒久平和を願った。

 石垣混声合唱団が「平和の歌声」を披露した後、正午のサイレンに合わせて黙とう。学童ほいく竹の子クラブの1~4年生15人が千羽鶴を大濵支部長に贈呈、平和をテーマにした詩を朗読した。

 大濵支部長はあいさつで「過去の過ちを直視し、愚かな戦争の事実を考える日。戦争の悲惨さ、命の尊さ、平和について考える事業を推進する。心を一つに平和を発信しよう」と呼び掛けた。

 中山義隆市長は、日本武道館で開催された全国戦没者追悼式で、県遺族連合会八重山支部の大山幸子副支部長の孫・大山櫻さん(八重山高校2年)が沖縄県の青少年代表として献花すると紹介、「若い世代が平和について考える貴重な場になる」と述べた。

 鐘打には外国人観光客3人も訪れた。この日、香港から空路来島し、たまたま見かけた鐘打式に参列したというミシェル・チェンさん(29)は「この日が日本の終戦記念日とは知らなかったが、歴史をきちんと子どもたちに伝えていることはいいことだと思った」と話した。

関連記事

長野日報社

2年ぶり感謝の熱演 長野県中川村で人形浄瑠璃公演

 長野県中川村の中川人形保存会と村公民館は19日、第9回「中川人形浄瑠璃定期公演」を中川文化センターで開いた。演目は「三番叟」と「傾城阿波鳴門~順礼歌の段」を上演。会場に集まった約70人の観客を前...

北羽新報社

藤里町で3年ぶり「ブナの森マラソン」 白神山地の麓で健脚競う

 藤里町内の森林基幹道米代線(米代フォレストライン)を走る「第9回ブナの森マラソン」は19日行われ、県内外のランナー223人が緑深まる世界自然遺産白神山地の麓で健脚を競った。新型コロナウイルスの影響で3...

オビヒロホコテン3年ぶり活気 バトン、はしごで幕開け

 コロナ禍の影響で3年ぶりの開催となった帯広まちなか歩行者天国(オビヒロホコテン、実行委主催)は19日、帯広市内の平原通(西2条通)や広小路を舞台に開幕した。正午現在、帯広の気温は24.1度ま...

トカプチ400初開幕 27時間以内で認定 十勝の12市町村全コース

 国の「ナショナルサイクルルート」に昨年指定された、十勝管内南北400キロ余りのコース「トカプチ400」を走破する超長距離サイクリングイベントが、18、19の両日に開かれている。主催団体によると指...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク