全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

国際農機展 帯広で盛大に開幕 最多134社

最新の農機が並ぶ会場を熱心に見て回る来場者

 第34回国際農業機械展in帯広が12日、市内の北愛国交流広場で開幕した。国内外から過去最多の134社が自慢の最新機器約1000点を出展。機器を見比べる来場者で初日からにぎわった。開催委員会では16日の最終日までで、20万人以上の来場を見込んでいる。

 ホクレンと北海道農業機械工業会、十勝農業機械協議会が主催する国内最大の農機展。4年に1度十勝で開かれる。海外からも最多の8社が出展。ドイツ、イタリア、中国、韓国のほかに、スペインとカナダが初めて参加した。

 今回は「ICTとともに更なる未来へ」をテーマに設定。無人で走るロボットトラクターや、衛星や画像データから肥料や農薬の量を自動調節するシステムなど、情報通信技術を活用した展示が見どころとなる。

 GPS(全地球測位システム)を使って、自動で農薬の二重散布を防ぐスプレーヤを見ていたオホーツク管内大空町の畑作農家楠目純一さん(59)は「今年みたいに天気が悪いと夜も作業しないといけない。そういうときに先端技術は役立つと思う」と話していた。

 午前10時からの開会式では、無人で走るトラクターのパレードが行われ来場者の目を引いた。開催委員会の有塚利宣会長は「今回の目玉は情報通信技術。北海道農業は農機業界をパートナーに、先進的な役割を果たしながら、いかなる困難も乗り越えて前進していく覚悟だ」とあいさつ。

 来賓の野中厚農林水産大臣政務官、高橋はるみ道知事の代理で三井真十勝総合振興局長が祝辞を述べた。農業者を代表してホクレンの内田和幸会長、開催地を代表して米沢則寿帯広市長があいさつした。

開幕を祝してテープカットを行う(左から)山田政功実行委員長、内田会長、米沢市長、石川香織衆院議員、野中政務官、鈴木貴子衆院議員代理の宮野明秘書、道知事代理の三井局長、高橋正夫十勝町村会長、有塚会長

地元グルメ集合 「食彩祭」も併催
 また、地元のグルメを集めた「フードバレーとかち食彩祭2018」も会場内で開催。50店が出店し、各ブースでは十勝の味覚を楽しむ人であふれた。

 開催時間は午前9時~午後4時。入場無料。会場には一般の駐車場はない。幕別町の札内川河川敷に設けた臨時駐車場とJR帯広駅から無料のシャトルバスを運行している。

関連記事

荘内日報社

公益大 黒川能の舞 細部までデジタルデータ化

 鶴岡市の民俗芸能・黒川能(国指定重要無形民俗文化財)の舞の所作をデジタルデータ化して記録保存する東北公益文科大と黒川能保存会の試みが本年度から本格化し17日、同市の黒川能伝習館で行われたデータ収集...

紀伊民報社

「亥」の大絵馬完成 新宮熊野速玉大社

 和歌山県新宮市の世界遺産・熊野速玉大社の上野顯宮司(65)が19日、来年のえとである「亥(い)」の大絵馬を仕上げた。純白の元気なイノシシが、うり坊を見守っている絵。12月1日に拝殿に掲げる。 ...

夜の森で希少種と対面 親子でナイトツアー体験 鹿児島県徳之島

 環境省徳之島自然保護官事務所は17日、鹿児島県徳之島天城町当部の美名田林道で夜の森を歩く体験イベントを開いた。島内から親子連れなど16人が参加。徳之島に生息する希少な動植物の生態を学び、自然保...

奄美市が通訳案内ガイド育成へ 外国人まち歩き観光に対応

 鹿児島県奄美市は名瀬市街地で17日、地域通訳案内士を対象とした「まち歩き観光ガイド」育成講座を開催した。クルーズ船の寄港増などによるインバウンド(訪日外国人)も含め、増加が続く旅行者の「まち歩...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク