全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

川添茶の収穫始まる

新芽を摘んでいく生産農家の作業員(20日、白浜町市鹿野で)

 和歌山県白浜町市鹿野で20日、特産「川添茶」の収穫が始まった。前年より10日ほど、例年より2、3日早い収穫という。一番茶は5月上旬まで、6月中旬から下旬にかけては二番茶の収穫となる。  市鹿野地区は雨が多く朝霧が立ち込める地形であり、昼夜の気温差が大きいことから、良質な茶葉の栽培に適している。  この日、28アールの茶畑で栽培している小山富也さん(81)は朝早くから、家族や親族ら5人で手摘み作業をした。新芽を上に引っ張り上げるように摘み、腰にくくり付けた籠に入れていった。  小山さんは「今年は芽が急成長した。まずまずの出来で、量も例年並み。摘み方一つで品質も違ってくる」と話した。  現在、この地区では8戸の生産農家が「ヤブキタ」という品種を中心に栽培している。昨年の収穫は生葉で18・2トンだった。高齢化や後継者不足で生産農家は減少しつつあり、今年は例年より収穫量は減るとみられる。  新茶は市鹿野にあるJA紀南の製茶工場で加工され、静岡県の工場などへ荒茶として出荷したり、上級煎茶として地元で販売したりする。JA紀南では5月中旬ごろから新茶の販売を予定している。

関連記事

長野日報社

夜空へ音楽に乗せ 諏訪湖サマーナイト花火開幕

 諏訪市の諏訪湖畔で花火を連日打ち上げる「諏訪湖サマーナイト花火」(諏訪観光協会と諏訪湖温泉旅館組合でつくる実行委員会主催)が22日夜、開幕した。音楽に乗せて色鮮やかな花火が夜空を彩っている。 ...

恐竜の化石修復体験

豊橋市自然史博物館で実物を使い  恐竜の実物化石の修復体験が22日、豊橋市自然史博物館であり、抽選で選ばれた静岡県浜松市東区の市原厳さん57一家が、ゴーグルを装着しながら学芸員が使う道具で破片の接着...

やっと夏本番 ビアガーデンやイカダくだり 十勝

 十勝地方は21日に帯広が道内一の暑さとなるなど夏らしさが戻り、まちもこの時期の風物詩でにぎやかさを増している。22日には河川の増水で延期されていた「第46回十勝川イカダ下り」が行われ、48チーム...

北羽新報社

夜空彩り1万5千発/能代の花火

 第16回港まつり能代の花火は21日、能代港下浜ふ頭を観覧会場に開かれ、1万5千発の花火が夏の夜空を華々しく彩った。約1時間30分にわたる25の演目では、3尺玉が直径600㍍の光の大輪を咲かせたほか、速射連発花...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク