全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

川添茶の収穫始まる

新芽を摘んでいく生産農家の作業員(20日、白浜町市鹿野で)

 和歌山県白浜町市鹿野で20日、特産「川添茶」の収穫が始まった。前年より10日ほど、例年より2、3日早い収穫という。一番茶は5月上旬まで、6月中旬から下旬にかけては二番茶の収穫となる。  市鹿野地区は雨が多く朝霧が立ち込める地形であり、昼夜の気温差が大きいことから、良質な茶葉の栽培に適している。  この日、28アールの茶畑で栽培している小山富也さん(81)は朝早くから、家族や親族ら5人で手摘み作業をした。新芽を上に引っ張り上げるように摘み、腰にくくり付けた籠に入れていった。  小山さんは「今年は芽が急成長した。まずまずの出来で、量も例年並み。摘み方一つで品質も違ってくる」と話した。  現在、この地区では8戸の生産農家が「ヤブキタ」という品種を中心に栽培している。昨年の収穫は生葉で18・2トンだった。高齢化や後継者不足で生産農家は減少しつつあり、今年は例年より収穫量は減るとみられる。  新茶は市鹿野にあるJA紀南の製茶工場で加工され、静岡県の工場などへ荒茶として出荷したり、上級煎茶として地元で販売したりする。JA紀南では5月中旬ごろから新茶の販売を予定している。

関連記事

田原サーフタウン構想

 市内で盛んなサーフィンを活用した地域活性化策、サーフタウン構想を打ち出している田原市は、太平洋に面した赤羽根町のロングビーチ一帯の将来イメージをまとめた。ビーチ東端にあたる高松町弥八島を重点整...

はみ出るメークイン JA帯広大正「まつり」

 第42回帯広大正メークインまつりが23日午前9時から、市内の大正ふれあい広場で開かれた。恒例のメークイン詰め放題など多彩なイベントが行われ、多くの来場者でにぎわった。  特産のメークインを...

長野日報社

ドーム船で楽しむワカサギ釣り 諏訪湖で始まる

 岡谷市湊の民宿みなとは15日からドーム船の営業を開始した。中澤滋専務(58)によると、この時期は昨年ふ化した約10センチの大公、10月半ばからは今年ふ化した5センチ前後の小公が釣りやすくなる...

荘内日報社

10月スタート新潟県・庄内エリアプレDC 庄内の魅力国内外へ発信

 大型観光誘客事業「新潟県・庄内エリアデスティネーションキャンペーン(DC)」のプレDC(10―12月)に向けたキックオフ会議が21日、鶴岡市のマリカ市民ホールで開かれた。庄内地域全体や各市町で計73の観光...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク