全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

コロナ5類移行後初の夏休み 長野・諏訪地域は台風影響もにぎわい

天候に恵まれてにぎわう「北八ヶ岳ロープウェイ」山頂駅前の「坪庭」=11日、茅野市

新型コロナウイルスの感染症法上の位置付けが「5類」に移行し、初めて迎えた今年の夏休みシーズン。長野県の諏訪地域は台風7号の影響を若干受けたものの、好天に恵まれた「山の日」や、4年ぶりの諏訪湖祭湖上花火大会が開催された15日を中心に多くの入り込みがあり、コロナ前とほぼ同等のにぎわいを見せる観光地もあった。宿泊施設からは連泊が増えているとの声も。旅行需要の高まりを実感している事業者が多い。

諏訪湖畔のホテルなど14施設が加盟する諏訪湖温泉旅館協同組合(諏訪市)。13~14日は台風の影響でキャンセルが出たが、新規の予約も入った。湖上花火大会の15日は特急「しなの」の計画運休で中部、近畿から来諏できない宿泊客がいたが、17~18日はほぼ満室に。旅行需要の高まりを実感し、この先への手応えをつかんでいる。

茅野市の蓼科湖畔には4月下旬、観光の拠点となる複合施設「蓼科BASE」がオープンした。蓼科観光協会の柳澤幸輝会長は「他の施設やアクティビティーも充実し、蓼科のブランドイメージが上がっている。来訪者はコロナ禍前より増えている」。BASE内の観光案内所の利用も増え、21日からは1人増員して2人態勢で観光案内や相談に対応する予定だ。

富士見町の富士見パノラマリゾートは11~16日の間、見込みより400人ほど少ない約5700人が来場した。出足好調も、15日にゴンドラを運休するなど悪天候の影響で後半に伸びなかった。昨年比では約300人の減。ただ、「動きはよく、入笠山に登ったり山野草公園を訪れたりしてもらった」とし、今週末も多くの来場を見込む。

諏訪市豊田の「SUWAガラスの里」は、コロナ前の2019年の盆期間と比較して約2割減。運営する信州諏訪ガラスの里の岩波尚宏会長は「19年のお盆休みも台風の影響があった。コロナ前の水準に戻ったとは言えない」とする。団体旅行が減り、旅行の形態は引き続きマイカー・少人数が主流として、現在建設中の中央道・諏訪湖スマートインターチェンジの整備効果に期待を寄せた。

下諏訪町の諏訪大社下社秋宮前にあるおみやげ処「専女八幡」は連日参拝客でにぎわった。「毎日忙しく、客足はコロナ前に戻ったと思う。県外のお客さんが増え、帰省中の人も多く見られた」と盆期間の営業を振り返った。

関連記事

長野日報社

霧ケ峰ニッコウキスゲ「当たり年」 花も人出も最盛期 長野県

 夏の3連休がスタートした13日、長野県諏訪、茅野、下諏訪の3市町にまたがる霧ケ峰には見頃を迎えたニッコウキスゲを目当てに大勢の観光客やハイカーが訪れた。今夏は花やつぼみが多い「当たり年」とされ...

長野日報社

立石公園のライブカメラ運用開始 長野県諏訪市

 長野県諏訪市は、諏訪湖を見下ろす絶景スポットの同市立石公園でライブカメラの運用を始めた。広角映像で2カ所にある駐車場まで映し出し、高台にある公園に出掛ける前に駐車場や道路の混雑状況が分かるよ...

紀伊民報社

パンダくろしお出発 世界遺産20周年で観光キャンペーン

 「紀伊山地の霊場と参詣道」の世界遺産登録が7日で20周年を迎えるのを記念して、和歌山県やJR西日本などによる観光促進事業「聖地リゾート!和歌山キャンペーン」の出発式が6日、大阪市の新大阪駅であ...

長野日報社

観光客の山麓周遊利便性向上へ 駒ケ根市地域公共交通協がバス実証運行開始 ..

長野県の駒ケ根市地域公共交通協議会は1日、観光トップシーズンに合わせて、駒ケ根高原に点在する観光拠点を巡る「山麓周遊バス」の今年度の実証運行を開始した。観光客らが周遊するのに適した交通システム...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク