全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

雨中勇壮 小野御柱の山出し終了 長野県

矢彦神社二之柱を約3.5キロ先の安置所へと曳き出す氏子たち=26日

 長野県辰野町小野と塩尻市北小野で今月5日に始まった小野御柱の山出し祭は26日、矢彦神社と小野神社各4本の柱すべての山出し曳行が終了した。各柱とも氏子が一致協力して里曳き開始地点となる安置所へと無事曳き着けを終え、5月3~5日に行われる里曳きに備えた。

 矢彦神社最後の山出しとなった二之柱は25、26の両日、飯沼地区の二之柱御柱祭実行委員会(小林千廣委員長)の奉仕で実施。途中、機械も使いながら、同神社4本の柱の中で最も長い距離の約3.5キロを2日かけて曳行。氏子たちは雨に打たれながら、直径約80センチ、長さ約16メートルのモミの巨木を協力して安置所へと曳き着けた。

 矢彦神社の一、四之柱は小野地区御柱祭実行委員会(小澤達司委員長)の奉仕で、両神社のトップを切って5日に実施。三之柱は雨沢耕地の信州矢彦神社三之柱委員会(小澤晃委員長)の奉仕で19日に行われている。

 一方、小野神社は25日に一之柱と三之柱、26日に二之柱と四之柱の山出しを実施。このうち大出区の氏子が奉仕する四之柱は、集落西側の山すそにある富士塚から曳行をスタート。雨降る中、樹齢100年を超える直径約70センチ、長さ約13.5メートルのアカマツの大木を、一致協力する氏子の力で約800メートル離れた安置所まで曳き着けた。

 両神社とも里曳き・建て御柱は5月3~5日に実施。矢彦神社は柱ごと3、4の両日里曳き、5日に建て御柱を行う。小野神社は4月27日に遷座祭、5月2日に前夜祭を行い、里曳き・建て御柱は3日に一之柱、4日に二と三之柱、5日に四之柱が行う。

関連記事

紀伊民報社

「イノブターダービー」中止 飼育数減少が影響

 和歌山県すさみ町のすさみ海水浴場で毎年5月3日に開かれている「イノブータン王国建国祭」の名物イベント「イノブタダービー」が、今年は中止されることが分かった。主催の実行委員会は「イノブタの飼育数...

マンガリッツァ豚と旬のアスパラ 幕別の味、一緒に食べて

 幕別町内で生産される「十勝ロイヤルマンガリッツァ豚」と北王農林(藤原壽美社長)の旬のアスパラガスのコラボ商品が4月末まで、オンラインショップで販売されている。  マンガリッツァ豚は、ハンガ...

荘内日報社

「SVリーグ」に参入決定!! “世界最高峰”目指し新設「ファンと共に戦う」 ラ..

 ジャパンバレーボールリーグ(JVL)は17日、都内で会見を開き、10月に開幕するトップリーグ「大同生命SVリーグ」男女のリーグ編成を発表した。先にSVクラブライセンスの交付を受けていた、酒田市を拠点...

宇部日報社

市が新たに電動自転車20台導入 シェアサイクル実証事業 観光客の需要を見..

 山口市は15日、2020年から行っているシェアサイクル実証事業で、新たに電動自転車20台を導入した。市民からの要望に加え、米有力紙の特集「今年行くべき旅行地52選」に選ばれたこともあり、国内...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク