全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

郷土の魅力を学ぶ 麓さん、前山さんが講演 奄美高校

 

「稲すり節」を歌う前山さん(右)とチヂンを打つ3年の久保さん=6日、奄美市名瀬

奄美市名瀬の県立奄美高校(田中耕一郎校長、生徒395人)で6日、3年生129人を対象とした講演会「島の音楽文化のグローカル~拡がりと深まり~」があった。地元コミュニティーラジオ局「あまみエフエム ディ!ウェイヴ」代表理事の麓憲吾さん(50)と唄者の前山真吾さん(39)が講師を務め、それぞれの経験を基に郷土の魅力を熱く語った。

 同校が12月に実施を予定している5学科合同の郷土教育推進事業「奄美高校フェスタ」の一環。フェスタ開催に向け、生徒らの郷土愛や文化の継承者としての自覚を高めようと講演会を実施した。

 麓さんはまず、自身の経歴やラジオ局を開設した経緯などを紹介。奄美の環境文化についても説明し、演者と観客が分かれている都会の芸術文化に対し、奄美は「皆が一緒に歌い踊る、集落や生活に根付いた文化」と位置付けた。麓さんは「島にこだわるほど個性が生まれ、外からも注目されるようになる。人の優しさや温かさなど、島心を大切にして」と生徒らに呼び掛けた。

 島唄の魅力を語った同校卒業生の前山さんは、迫力ある歌声で「くるだんど節」を披露。豊かな自然や文化、人情など「島の宝」への思いを込めた歌詞を歌った。2曲目の「稲すり節」では、前山さんの演奏に合わせて生徒が手拍子やチヂン(太鼓)を鳴らして会場を盛り上げた。

 チヂンを打った郷土芸能部の久保ひかりさん(3年)は「憧れの先輩と共演できて光栄。部活の活動などを通して、先人たちがつないできたもの大切にしていきたい」と話した。

関連記事

荘内日報社

今秋「日本海沿岸ミステリーツアー」 JR鶴岡駅発着 日帰り2コース 羽越本線..

 特急いなほに乗って〝ミステリーツアー〟を楽しんで―。羽越本線全線開通100周年を記念し、鶴岡市は9月28日(土)と10月27日(日)に、出発当日まで行き先を明かさない「日本海沿岸ミステリーツアー」を実施する...

94歳“最後の最後”の同窓会 帯広大谷女子校第22期生

 帯広大谷高等女学校第22期生(1947年卒)のクラス会が12日、帯広市内のコミュニティーサロン「あがり・框(かまち)」で開かれた。“最後の最後”として行われた会で、今年度に94歳を迎える同窓生...

宇部日報社

見初のシンボルマーク誕生 住民がデザイン「地域盛り上げたい」【宇部】

 見初地域づくり協議会(梅田寛会長)は、地区のシンボルマークを作製した。漢字の「見」をモチーフにしたデザインで、今月から同会の広報紙やチラシなど、関連するさまざまな場面で使用する。  昨年、...

豊橋鉄道、愛されて100年 美博で企画展

 豊橋市美術博物館で13日から「豊橋鉄道100年 市電と渥美線」が開かれる。12日、開場式と内覧会があった。  市内中心部を走る路面電車「東田本線(市内線)」と、新豊橋駅と三河田原駅を結ぶ「渥美...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク