全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

全国初、カラマツ展示林造成へ 長野県伊那市

全国初となるカラマツ展示林の造成を目指して苗木を植える関係者=伊那市民の森

 林野庁中部森林管理局、国立研究開発法人森林研究・整備機構森林総合研究所林木育種センター、長野県、長野県伊那市の4者は12日、3種類のカラマツの苗木を同市横山とますみケ丘一帯にある市民の森へ植樹した。性質の異なる苗木を並べて植えることで、成長の差を見比べられる全国初の「カラマツ展示林」を造成する目的。参加者約40人が市民の森1200平方メートルに苗木計90本を植えた。

 植樹したカラマツは、国が研究する既存の種類よりも優れた特性を持つ「エリートツリー」、エリートツリーを生むための母樹となる「精英樹」、種から育てた実生の苗木の3種類。

 エリートツリーは、全国各地の山に育つ「飛び抜けて成長の早い木」などを精英樹として選抜。交配を繰り返し、遺伝的に優れた特性の個体を選んで特定する。さらにエリートツリー同士を交配させ、「成長量が1.5倍以上」などの基準を満たした場合は「特定母樹」に指定している。

 エリートツリーは、従来種よりも成長が早い他、木の曲がりが少なく木材としての強度がある。成長時の二酸化炭素の吸収量は「従来種の約2倍多い」(林野庁)という。

 4者は先月末、林業振興を目的とする覚書を締結。林木育種センターが技術指導、市が展示林の整備を行うなどの内容を確認した。同市に工場がある精密機械メーカー伸和コントロールズが事業資金を援助する。この日出席した中部森林管理局の上練三局長は「エリートツリーの成長の早さは生産コストの低減にもつながる。展示林をエリートツリーの植林普及のきっかけにしたい」と述べた。

関連記事

荘内日報社

200人力合わせ飛島をきれいに

 本県唯一の離島・飛島の自然豊かな環境を守ることを目的とした清掃活動「飛島クリーンアップ作戦」が25日、島内の荒崎海岸一帯で行われ、酒田市内外から参加したボランティア有志や島民計約200人が散乱した漂着...

クマ用スプレー貸し出します 高額、飛行機持ち込み不可…不便多く 帯広

 大雪山系の豊かな自然と十勝に魅せられた東京都の会社員白岩慎隆(のりたか)さん(51)が、登山者向けにクマ撃退スプレーのレンタル事業を始める。スプレーの飛行機持ち込みに制限があることなど自身の感じ...

宇部日報社

住吉まつりに3万人 47団体が踊りや太鼓で盛り上げ【山陽小野田】

 第13回「復活!住吉まつり」は26日、山陽小野田市東住吉町の住吉神社をメイン会場に開かれた。青天の下、恒例のパレードやステージイベントに加えて周辺施設でも多彩なイベントが行われ、約3万人(...

長野日報社

危機感募る観光地 サル出没相次ぐ光前寺周辺 長野県駒ケ根市

 長野県駒ケ根市駒ケ根高原の光前寺周辺で、野生のニホンザルの出没が相次いでいる。10年ほど前から頻繁に現れるようになったが、「今年は特にひどい」(地元関係者)。人的被害こそ確認されていないものの...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク