全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

祖父の故郷で講演「感慨深い」 西郷菊次郎の孫・隆文さん、龍郷町

西郷菊次郎について語った孫で陶芸家の西郷隆文さん=10日、鹿児島県龍郷町体育文化センターりゅうゆう館

 龍郷町(鹿児島県奄美大島)の名誉町民、西郷菊次郎の孫で陶芸家の西郷隆文さん(74)=日置市=による講演会「祖父 菊次郎を語る」が10日、町体育文化センターりゅうゆう館であった。隆文さんは17日まで、陶芸品などの個展を町生涯学習センターりゅうがく館で開催中。菊次郎生誕の地(龍郷町)での個展、講演について「感慨深い。菊次郎とその両親の隆盛、愛加那も喜んでいるのではないか」と語った。

 講演会、個展ともに日置市の西郷企画営業部主催。隆文さんは作陶50年の名工で、黄綬褒章や鹿児島県民表彰など数々の受賞(章)歴を誇る。菊次郎ゆかりの地での個展開催にも取り組んでおり、今回、初めて龍郷町に陶芸品を持ち込むとともに、講演会を開いた。

 菊次郎は1861年に生まれ、10代で隆盛らと西南戦争(77年)に参戦した。海外留学で培った語学力を買われ、20代からは外交官として活躍。30代で日本統治下(当時)の台湾・宜蘭(ぎらん)庁長を務め、帰国後も40代で京都市長などを歴任した。

 菊次郎が宜蘭庁長として地域課題解決に奔走したことを挙げ「統治下でも住民目線を大事にしていた」と隆文さん。京都市長時代にも重要なインフラ整備を完遂したとして、没後90年の2018年に同市から特別感謝状が贈られ、隆文さんが代理で受け取った。

 隆文さんは「将来を見据えた働きぶりは高く評価されていた。各地で記録が残り、実際に菊次郎への感謝を口にする人も多い」と誇らしげ。さらに「陶芸は菊次郎の趣味でもあったらしい。私の作陶人生につながり、重なる部分もあるのかもしれない」と語った。

 講演会には龍郷町内外から約100人が訪れた。個展は各日午前10時~午後5時に開催している。入場無料。問い合わせは電話0997(69)4532龍郷町教育委員会へ。

関連記事

長野日報社

長野県飯島町の「wave」が稲作の実証実験 ドローンで直播栽培

 長野県飯島町で農業用ドローンの販売から作業メンテナンスを手掛けるシステム開発の「wave」は、小型無人機ドローンを使った稲作の実証実験に取り組んでいる。同町岩間にある同社隣接の水田で、鉄コーティ...

紀伊民報社

印南で小玉スイカ収穫 甘くてシャリシャリ

 JA紀州(本所・和歌山県御坊市)管内で、夏の風物詩となっている小玉スイカが収穫されている。生産が盛んな印南町では7月末まで、農家が丹精込めて育てたスイカの収穫が続く。  小玉スイカは皮が薄く...

荘内日報社

ディズニー仲間たち パレードが夢の世界へ 酒田まつりに登場

 ミッキーマウスらディズニーの仲間によるスペシャルパレードが20日夕、「酒田まつり」の本祭りに合わせ酒田市の中心市街地で行われ、沿道を埋めた見物客を夢の世界に引き込んだ。  東京ディズニーリゾート...

宇部日報社

市空き店舗利活用事業 セメント町の支援拡大【山陽小野田】

 山陽小野田市は、空き店舗等利活用支援事業のうち、旧セメント町商店街周辺地区に限って、今年度から補助額の上限を50万円から100万円に引き上げた。エリア内に複合施設「Aスクエア」が新しくオープ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク