全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

八ケ岳エナジーファーム 通年でイチゴとシイタケ狩り 富士見町立沢

通年でイチゴ、シイタケ狩りが楽しめる施設。肉厚シイタケはハサミを使って収穫する=17日、富士見町立沢

野菜や果実、キノコの生産販売を手掛ける富士見町の栄農人(エナジー)は17日、同町立沢に「八ケ岳エナジーファーム いちご畑としいたけの森」を開園した。夏秋イチゴと冬から春を旬とする品種を育て、1年を通じてイチゴ狩り客を受け入れ。うまみと香りが詰まった肉厚のシイタケ狩りも年中楽しめる。農業振興のほか、八ケ岳西南麓の新たな観光拠点としても期待がかかる。

標高1000メートル地帯にある農地を取得し、1億円を投じて整備した。ハウスは計16棟あり、うち12棟でイチゴを高設栽培。現在は、信州大学農学部が開発した「信大BS8―9」「すずあかね」の赤い実が連なっている。

これらの品種は高温下でも糖度を保つが、高地ならではの昼夜の寒暖差により甘みが向上。「信大」の糖度は10~15度、甘みと酸味のバランスが取れた「すずあかね」の糖度も9~10度あるという。シイタケの菌床は、中野市にある自社工場で栽培。17日の開園式に招待された町や地元関係者らは、はさみで肉厚シイタケを狩り「焼いて食べたいね」と楽しみにしていた。

ファーム内では自社で生産した菌茸類や野菜・果物類などの販売も行う。従業員の男女比が半々、平均年齢26歳という同社。同所では5人の従業員が中心となり、生産や出荷販売、味覚狩りの受け入れをする。

柳澤孝一代表は「どこで農業をしようかと日本中を旅して回り、10年前、環境や景観が素晴らしい富士見町に出合った。同業の方々とも連携し、町の農業をさらに発展させたい」と語った。

イチゴ狩りは30分食べ放題で、60歳以上2300円、中学生以上2800円、小学生1500円、4歳以上900円(3歳以下無料)。シイタケは1袋に詰め放題で1000円。営業時間は午前9時~午後4時(午後3時最終受け付け)。

問い合わせ、予約は同ファーム(電話0266・61・2202)へ。

関連記事

紀伊民報社

「おもちゃ病院」高校生が修理

 和歌山県田辺市あけぼの、田辺工業高校電気電子科3年の生徒が、「おもちゃ病院」に持ち込まれたおもちゃの修理に取り組んでいる。生徒らは「子どもたちにとって、おもちゃは大切な物。直して喜んでもらいた...

スモークウッド「燻助」好評 各方面から注目 厚真町の森林再生にも貢献 イ..

苫小牧市晴海町の総合木材業イワクラが今春発売した薫製用のスモークウッド「燻助(くんすけ)」が各方面から注目を集めている。販売を始めた4月以降、アウトドア愛好家のほか、薫製商品の開発に取り組む道内の...

荘内日報社

全日本おかあさんコーラス東北 総合1位 酒田 コールShion 6年ぶり全国大..

 6月12日に山形市で行われた第45回全日本おかあさんコーラス東北支部大会で、酒田市の女声合唱団「コールShion」(加藤千鶴代表、団員30人)が総合1位に輝き、6年ぶりとなる全国大会(今年8月)の切符を手...

紙のドレス 国際コンで優勝 帯広の現代アート作家加藤さん

 現代アート作家の加藤かおりさん(帯広)が、豪州・タスマニアで開かれた国際的なペーパーアートのコンテスト「Paper on Skin 2022」で優勝した。ほぼ紙のみで作られた、赤色のドレスと青色...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク