全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

八ケ岳エナジーファーム 通年でイチゴとシイタケ狩り 富士見町立沢

通年でイチゴ、シイタケ狩りが楽しめる施設。肉厚シイタケはハサミを使って収穫する=17日、富士見町立沢

野菜や果実、キノコの生産販売を手掛ける富士見町の栄農人(エナジー)は17日、同町立沢に「八ケ岳エナジーファーム いちご畑としいたけの森」を開園した。夏秋イチゴと冬から春を旬とする品種を育て、1年を通じてイチゴ狩り客を受け入れ。うまみと香りが詰まった肉厚のシイタケ狩りも年中楽しめる。農業振興のほか、八ケ岳西南麓の新たな観光拠点としても期待がかかる。

標高1000メートル地帯にある農地を取得し、1億円を投じて整備した。ハウスは計16棟あり、うち12棟でイチゴを高設栽培。現在は、信州大学農学部が開発した「信大BS8―9」「すずあかね」の赤い実が連なっている。

これらの品種は高温下でも糖度を保つが、高地ならではの昼夜の寒暖差により甘みが向上。「信大」の糖度は10~15度、甘みと酸味のバランスが取れた「すずあかね」の糖度も9~10度あるという。シイタケの菌床は、中野市にある自社工場で栽培。17日の開園式に招待された町や地元関係者らは、はさみで肉厚シイタケを狩り「焼いて食べたいね」と楽しみにしていた。

ファーム内では自社で生産した菌茸類や野菜・果物類などの販売も行う。従業員の男女比が半々、平均年齢26歳という同社。同所では5人の従業員が中心となり、生産や出荷販売、味覚狩りの受け入れをする。

柳澤孝一代表は「どこで農業をしようかと日本中を旅して回り、10年前、環境や景観が素晴らしい富士見町に出合った。同業の方々とも連携し、町の農業をさらに発展させたい」と語った。

イチゴ狩りは30分食べ放題で、60歳以上2300円、中学生以上2800円、小学生1500円、4歳以上900円(3歳以下無料)。シイタケは1袋に詰め放題で1000円。営業時間は午前9時~午後4時(午後3時最終受け付け)。

問い合わせ、予約は同ファーム(電話0266・61・2202)へ。

関連記事

紀伊民報社

熊野本宮大社で合気道演武 植芝道場長の講習も

 和歌山県田辺市本宮町の世界遺産・熊野本宮大社の旧社地「大斎原(おおゆのはら)」で20、21日、「合気道国際奉納演武」があった。  同市出身で合気道の開祖・植芝盛平のひ孫に当たる合気道本部道場...

長野日報社

原村でじっくりボードゲームを 1日1組限定のリゾート

ボードゲームに没頭するリゾート施設「GAW(ガウ)」が、5月1日に原村原山にオープンする。都内の音楽制作会社が手掛ける新事業。アナログゲームマスターのあだちちひろさんが依頼者の思いに沿った最...

帯広信用金庫の防犯講座人気 詐欺事例、寸劇交え

 十勝管内でも特殊詐欺事件が相次ぐ中、帯広信用金庫(高橋常夫理事長)は、被害防止のための出前講座を続けている。具体的手口を寸劇を交えるなどして分かりやすく紹介、社会貢献事業として無料で行ってお...

荘内日報社

外国人観光客とおもてなし交流 酒田港 泉小児童 日本の遊び紹介

 外航クルーズ船「ウエステルダム」(オランダ船籍、8万2862総トン)の酒田港寄港に合わせ22日、酒田市の泉小学校の4年生42人が同港古湊埠頭(ふとう)に降り立った外国人観光客らに日本の遊びを紹介するなど交...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク