全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

成績参考に素牛づくり 和牛改良組合女性部が学習会

肥育成績などを素牛づくりに生かそうと開かれた学習会。部員がデータの提供を受けた=21日午前、沖縄エグゼス石垣島

 石垣島和牛改良組合女性部(宮良妙子部会長、61人)は21日、母牛の遺伝的な能力を把握できる育種価や、出荷した子牛の肥育成績などのデータを参考にした和牛改良の取り組みを展開しようと、市内ホテルで学習会を開いた。

 各部員は、県家畜改良協会から母牛の育種価のほか、子孫の枝肉情報から計算した「推定育種価」などの資料、JAおきなわ八重山肥育センターから肥育成績の提供を受けた。

 センターは月に20~30頭の子牛を八重山セリ市場で購入して肥育、出荷しており、成績表には出荷時の枝肉重量、脂肪交雑、セリ価格などが記されており、部員らは「今後の素牛づくりに生かせる」と意欲を高めていた。女性部は今後も関係機関に情報の開示を求めていくことを確認した。

 宮良部会長は「農家が自分の子牛の成績を把握することは生産意欲の向上と情報共有につながる。飼育の仕方の改善に生かしたい」と話した。

 学習会後には第28回定期総会を開き、▽1年1産で経営の安定を図る▽1日1㌔の増体を達成する▽育種価利用による優良雌牛の保留ーなどの活動方針と、▽和牛改良の促進▽女性部組織の強化と活動の充実ーなどの活動計画を決めた。

関連記事

調理法、地元漁師に学ぶ 児童ら刺し網体験で大漁 白浜・船浮小合同

 【西表】白浜小学校(長遠順二校長)・船浮小学校(中山盛延校長)合同の海洋教育「白浜の刺し網漁体験」が15日、行われた。地元の漁師、下地鮮魚店の下地勲さん・秀太さん親子が協力した。  朝、学校...

長野日報社

萩倉のクラフトビール 田村さんが醸造工場、初出荷 長野県下諏訪町

 長野県下諏訪町萩倉で、かつて同町の酒造会社で蔵人として働いていた田村治男さん(35)=同町東町上=がクラフトビールの醸造を始めた。同地に建てた醸造工場で4月から仕込んできたクラフトビールを5月...

紀伊民報社

濱中氏がGM就任 和歌山FB

 和歌山県田辺市出身の元プロ野球選手で、野球解説者の濱中治氏(43)が23日、さわかみ関西独立リーグに所属する和歌山ファイティングバーズ(FB)のゼネラルマネジャー(GM)に就任した。濱中氏は「...

田植え体験楽しむ 日ハムとコラボ B・Bも参加 田んぼのオーナー事業 厚真

厚真町内で農家の手ほどきを受けながら米作りを体験する2022年度田んぼのオーナー事業「田植え体験」が21日、町内幌内の水田で行われた。同日はプロ野球・日本ハムファイターズの被災地復興支援事業「ふぁ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク