全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

梅×タイで目指せ全国 「うまいもん甲子園」出場の神島高校

うまいもん甲子園近畿エリア選抜大会に向け試作する神島高校の生徒(18日、和歌山県田辺市文里2丁目で)

 神島高校(和歌山県田辺市文里2丁目)の生徒が、全国の高校生が料理の腕と味、プレゼンテーションを競う「ご当地!絶品うまいもん甲子園」の近畿エリア選抜大会に臨む。作るのは「南紀白浜真鯛(マダイ)の梅彩丼」。さまざまな味が楽しめる丼で、全国出場を目指す。

 出場するのは3年生の小坂紗麗さん、延瑞季さん、山本和花さんの3人。メニューは地域の特産品である南高梅と養殖マダイを組み合わせてPRするとともに、若者の魚食離れを改善しようと考案した。
 今年は全国から95校330チームが応募。書類選考を通過した46チームが全国8エリアの選抜大会に進んだ。近畿大会は23日に京都府長岡京市であり、6チームが全国大会進出を懸けて競う。30分間で6人前を調理。試食、料理のPR、質疑応答と合わせ4項目で審査がある。全国へ進めるのは2チーム。
 マダイは頭や中骨も含めて丸ごと一匹を使用。梅肉天ぷら、梅酢焼き、かぶとの梅煮と調理法の異なる3種類の料理を丼に盛り込んだ。さらにマダイの中骨から取っただしを掛けて、味の変化が楽しめる工夫をした。
 延さんは「料理は初心者なので、悪戦苦闘の連続だった。でも、地域の人たちの協力のおかげで、納得のいく味に仕上がった。中でも、梅煮は魚の臭みを消してくれる地域の伝統的な調理法で強くアピールしたい。見せ方にもこだわった。全国を目指し、全力で挑戦したい」と話している。
 今後は商品開発プロジェクト「神島屋」でイベント出店などの際に販売したり、地元の飲食店にメニュー化を働き掛けたりして、ご当地グルメとして浸透を図る。「南紀白浜真鯛」は年間100万匹を出荷しているが、地域でブランド化が進んでおらず、そのPRにもつなげたいという。

関連記事

紀伊民報社

テントサウナ貸し出し始める

 和歌山県古座川町相瀬にある道の駅「一枚岩」で飲食や物産の販売、キャンプ場の運営に取り組む「monolith(モノリス)」(田堀穣也代表)が、テントサウナの貸し出しを始めた。国の天然記念物に指定...

荘内日報社

躍る!! 切山椒 「観音様のお歳夜」向け本格化

 鶴岡市で今月17日に行われる「観音様のお歳夜(としや)」に向け、冬の風物詩「

王子サーモン製造ピーク 年末年始の贈答向け 今月は45トン生産

苫小牧市有明町の王子サーモン北海道工場では、年末年始向けのスモークサーモンの製造がピークを迎えている。約60人が交代で色鮮やかなサーモンの薫製や骨の抜き取り、カットなどの作業に取り組む。  同...

山田機械工業 楽器800万円分贈呈 帯広市内6校に

 「ピカピカの楽器で、子どもたちに喜んでほしい」-。部活動の楽器の老朽化が課題となる帯広市内の中学校に、民間からの寄付が相次いでいる。2日に市内の山田機械工業(山田康太社長)が、6校に計約80...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク