全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

春中記念事業でクラウドファンディング活用【釧路】

支援を呼び掛けるCF実行委の近藤さん

釧路市立春採中学校(幸村仁校長)の開校70年記念事業を担う「春中70(ナナマル)プロジェクト」は、10月に行う記念イベントの内容や規模、12月に記念誌を発行することなどを決め、予算額が確定したことから、した資金募集を開始した。目標金額は150万円で、募集の締め切りは30日の午後11時。

 記念イベントは10月23日、午前11時から同校グラウンドで実施する。トラックステージを用意し、卒業生や在校生がダンスや歌、吹奏楽の演奏などを行うほか、同校の卒業生でPTA会長も務めたフォークデュオ「ヒートボイス」の伊藤和彦さん書き下ろしの記念ソングを披露。卒業生や地域住民の露店出店、記念花火の打ち上げも予定している。

 資金募集は、READYFOR(レディーフォー)社が運営するCFサービスを通じて行い、目標額に達した場合のみ支援金を受け取ることができる。

 同プロジェクトは、卒業生と幸村校長の14人で構成する組織委員会(齊藤征教委員長)や、卒業生が実行委員長を務める記念誌実行委員会(五宮貴浩委員長)、イベント実行委員会(平井昌弘委員長)、クラウドファンディング実行委員会(中島秀幸委員長)、実行委員の生徒16人で構成。記念事業や記念誌の出版は生徒が主体となって行う。校内説明会を経て、6月上旬に実行委員の生徒が決定。各実行委員会に生徒をそれぞれ配置し、組織委員会のメンバーや各実行委員長からサポートを受け、取り組みを進めている。

 CF実行委員会の近藤志庵さん(3年)は、実行委員の生徒たちが部活などと両立しながら頑張っているとし「コロナ禍でいろいろと厳しい状況だが、さまざまな人たちに支援してもらいたい」と語る。同校同窓会長でもある齊藤委員長は「卒業生であるなしにかかわらず、春採中学校のためにと思ってくれる人にぜひ協力いただきたい。寄付の方法が分からなければ、事務局に問い合わせてほしい」と呼び掛けている。

 問い合わせは、事務局の同校0154(41)5831へ。クラウドファンディングのURLはhttps://readyfor.jp/projects/harutori-70th

関連記事

紀伊民報社

地蔵の顔欠け「かわいそう」 「百間ぐら」で風化か

 世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」に登録されている熊野古道「小雲取越」の途中にある和歌山県田辺市本宮町の名所「百間ぐら」で、道沿いにある地蔵の顔が欠けた状態になっている。風化によるとみられるが...

小中学校 「ふっこう応援給食の日」 能登牛カレーに舌鼓  白老

白老町の小中学校で11日、石川県のブランド牛「能登牛」を使ったビーフカレーが給食に提供された。白老牛銘柄推進協議会(岩崎考真会長)が能登半島地震の被災地支援のため購入した牛肉。町教育委員会(しらお...

忠類から詐欺撲滅! ボランティア団体「どんとこいの会」結成

 幕別町忠類で、地元建設会社とシニアクラブが詐欺撲滅を目指すボランティア団体「詐欺撲滅団 忠類どんとこいの会」を結成した。帯広署管内でSNS詐欺防止のボランティア団体がつくられるのは初めて。同署忠...

荘内日報社

“郵便のお仕事”興味津々 松原保育園児が鶴岡郵便局訪問

 鶴岡市宝町の市立松原保育園(齋藤功園長、園児115人)の園児たちが11日、同市山王町の鶴岡郵便局(藤井泰局長)を訪問し、仕分けや押印など郵便業務を見学した。  園児たちが大好きな郵便配達をテーマにし...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク