全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

宮原選手活躍も、エスポラーダ惜敗【釧路】

 

試合終了後、観客に感謝する宮原選手

フットサルのFリーグ2020―21ディビジョン1第11節エスポラーダ北海道対バサジィ大分戦が15日、湿原の風アリーナ釧路で行われた。北海道は4―5で惜しくも敗れたが、地元の観客は厚岸町出身のFP宮原勇(ゆう)哉(き)副主将(24)の活躍を温かく見守った。

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため入場が制限された会場には456人の観客が訪れ、声援の代わりに手拍子と拍手で選手たちを盛り上げた。  宮原選手は切れのある俊敏な動きで相手攻撃を封じたり、パスを回したりして仲間を支えた。ただ、今回も得点を決められず、「もう少し前に進めば攻撃のチャンスはあった。ディフェンスだけでなく攻撃でも貢献できるようになりたい」と残念がった。

 試合を観戦した、宮原選手の古巣「SC釧路U―15」のMF中村哲爾さん(釧路町立富原中1年)は「球際で相手に負けず戦えているのがすごかった。とても見習える先輩だ」と話していた。    

関連記事

釧路新聞社

阿寒湖のマリモ 25年度以降保全対策を試行【釧路市】

 国の特別天然記念物「阿寒湖のマリモ」の保護と普及啓発、湖の環境保全や適正利用に取り組む官民団体「阿寒湖のマリモ保全推進委員会」(小林道之会長)は21日、釧路市の阿寒湖まりむ館で2024年度総会を...

釧路新聞社

タンチョウのひな2年ぶり誕生 動物園ですくすく【釧路市】

 釧路市動物園(鈴木貴博園長)は21日、タンチョウのひな1羽が生まれたと発表した。同園での繁殖は2022年以来2年ぶり。  父親のコウ(13年か14年生まれ)と母親のアミ(16年生まれ)が4月9...

長野日報社

長野県飯島町の「wave」が稲作の実証実験 ドローンで直播栽培

 長野県飯島町で農業用ドローンの販売から作業メンテナンスを手掛けるシステム開発の「wave」は、小型無人機ドローンを使った稲作の実証実験に取り組んでいる。同町岩間にある同社隣接の水田で、鉄コーティ...

紀伊民報社

印南で小玉スイカ収穫 甘くてシャリシャリ

 JA紀州(本所・和歌山県御坊市)管内で、夏の風物詩となっている小玉スイカが収穫されている。生産が盛んな印南町では7月末まで、農家が丹精込めて育てたスイカの収穫が続く。  小玉スイカは皮が薄く...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク