全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

キタサンショウウオの環境DNA検出に成功【釧路】

キタサンショウウオの生態や研究結果の今後について語る照井さん

 釧路市のNPO法人環境把握推進ネットワーク─PEG代表の照井滋晴さんや神戸大学大学院の源利文准教授らの研究グループが、釧路湿原の水から絶滅危惧種キタサンショウウオの環境DNA検出に成功した。

 研究成果は国際科学誌「PeerJ」にも掲載されており、湿原内での調査精度向上や他生物の保全などが期待される。研究メンバーは、同大学院生の竹下大輝さんや民間企業のパシフィックコンサルタンツの社員ら6人。川や海の水に溶け出した生物の体組織やふんなどからDNAの断片(環境DNA)を検出する調査研究で、キタサンショウウオを対象に2017年から釧路湿原で行ってきた。

 キタサンショウウオは環境省のレッドリストに登録されており、主な生息地は釧路湿原だが、上士幌町や国後島でも発見例があるという。照井さんは「鳴かない、飛ばない、おとなしいので非常に見つけづらい。加えて、湿原の乾燥化などによって生息できる環境が減ってきている」と語る。

 今回の研究では、キタサンショウウオを卵のう、幼生体、成体の発達段階別に飼育した水槽の水から、環境DNAの検出に成功。さらに、釧路湿原で採取した水からも環境DNAの検出に成功したほか、採水地点から7~10㍍以内で卵のうが発見されるなど、生息域や繁殖地の調査に活用できることが証明された。

 研究グループでは、他の生物にも応用が可能としており、環境アセスメントの調査能力向上などにも期待が寄せられている。照井さんは「この技術を応用すれば、他地域でもキタサンショウウオを発見できるかもしれない」と話していた。

関連記事

紀伊民報社

南高梅の収穫始まる 不作とひょう害で厳しく

 梅産地のみなべ町や印南町で、主力品種「南高梅」の収穫が始まった。JA紀州によると、暖冬や不完全な花が多かった影響などにより例年にない不作の上、ひょうの被害も重なり、厳しい年となっている。  ...

荘内日報社

庄内町産豚肉使用のレトルトカレー販売開始 北月山荘フレンチ食堂 モン・ヴィ..

 庄内町の月の沢温泉・北月山荘のフレンチ食堂「モン・ヴィペール」で調理を担当するシェフ・富樫一仁さん(42)が、同町産豚肉を使ったレトルトパック「ポークカレー」の販売を今月から開始した。同施設限定販...

国旗検定合格・山下さんの夢応援 帯広の澤田さん国連切手プレゼント

 帯広市在住の元自衛官澤田孝廣さん(76)は、「国際知識検定国旗(国旗検定)」1級に合格した下音更小学校3年生の山下康(こう)さん(8)に、1000枚超の「国連切手(国旗シリーズ)」をプレゼントし...

宇部日報社

おーるうぇいずが自立援助ホーム「永紬」開設 市内初20歳未満の入所施設【..

 NPO法人おーるうぇいず(松本鉄己代表)が、自立援助ホーム「永紬(なつむ)」を宇部市内に開所した。義務教育を終えた15歳からの子どもたちが、社会で自立した生活を送れるように、家庭的な雰囲気の...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク