全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

ウイスキー造り オール厚岸産へ大きな一歩

土煙を上げて種をまく重機

 ウイスキーの原料となる大麦の種まきが14日、厚岸町太田の畑で行われた。道東初のウイスキーを製造する堅展実業厚岸蒸溜所が今年から釧路太田農協に栽培委託している。大麦は8月末に収穫し、年末ごろまでに麦芽に製麦後、来年にも醸造する計画。〝オール厚岸〟産のウイスキー造りに向け、大きな一歩を踏み出した。

 同農協は2016年度から、同農協のふれあい農園や酪農家の畑約2㌶で大麦の試験栽培に着手。冷涼な気温や夏期の高い湿度など難しい気象条件の中、収穫できるとの手応えを得た。今年は同農園と離農地の合わせて3㌶に作付けを拡大した。

 栽培するのは国内で広く生産されている品種「りょうふう」。作業は同農協職員ら8人で行い、播種機のマルチシーダーを使い1㌶当たり約150㌔の種をまいた。

 同蒸溜所は16年から蒸留を開始。18年2月に初商品「厚岸ニューボーン」、同8月に同シリーズ第2弾を出荷。昨年から厚岸産のミズナラを使った樽で醸造を手掛け、同シリーズの第3弾を今年3月に発売した。大麦はこれまで道内他地域産のものなどを使ってきた。立崎勝幸所長は「今年はピート(泥炭)づくりにも取り組む。オール厚岸産で造るウイスキーが目標」と話している。

関連記事

長野日報社

地域住民とみそ造り 茅野市玉川保育園

 茅野市玉川保育園の園児は21日、地域住民とともに恒例のみそ造りを同園で行った。地域交流「コスモスの会」の活動で、園児たちは地域の人たちと手づくりの伝統製法を体験し、楽しく交流を深めた。  原...

豊橋で外食産業展が開幕

 食の祭典「第26回東三河外食産業展示会2019」(東愛知新聞社など後援)が22日、豊橋市神野新田町のホテルシーパレスリゾート室内テニス場を会場に始まった。外食関連の約120社がブースを出し、業務用...

荘内日報社

「酒田のうわさプロジェクト」本格的スタート

 10月にスタートする観光誘客事業「新潟県・庄内エリアデスティネーションキャンペーン(DC)」に向け、酒田の街を楽しい「うわさ」で埋め尽くす「酒田のうわさプロジェクト」が本格的に始まった。青森県八戸...

紀伊民報社

熊野舞台に自転車レース 30日から

 国際自転車競技連合(UCI)公認の国際自転車ロードレース「第21回ツール・ド・熊野」が30日から6月2日までの4日間、和歌山県の新宮市や太地町などで開かれる。17チームが出場予定。主催する新宮...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク