全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

本の帯手作り 貸出期限票に「名言」も

田辺市立図書館中辺路分室にある手作り帯のコーナーと貸出期限票に掲載している名言(田辺市中辺路町栗栖川で)

 和歌山県田辺市中辺路町栗栖川の中辺路コミュニティセンター内にある「市立図書館中辺路分室」が、本の魅力を伝える帯を手作りして展示する取り組みをしている。貸した本に挟む貸出期限票には、読書にまつわる「名言」も掲載。担当している中辺路教育事務所の前井あずささん(26)は「読書をもっと楽しんでいただくきっかけになれば」と話している。

 本の帯の手作りは、前井さんの発案で数年前から始めた。本の魅力を紹介する印象的な言葉や簡単な内容の説明をイラストも交えながら、前井さんと関係者でこれまでに約100冊分作った。帯は分室内で本に付けて展示しているほか、帯だけを集めたノートも閲覧することができる。  また、貸出期限票の裏面には、前井さんが調べた読書にまつわる名言を掲載。  「今日の読書こそ、真の学問である。吉田松陰」 「読書、なかんずく小説を読む喜びは、もうひとつの人生を経験することができる、という点にある。山本周五郎」などの12種類の言葉で、前井さんは「気付いた方の中には、次が楽しみと言ってくださる方もおられる。もっと調べて種類を増やしたい」と意欲を見せる。  さらに、処分する雑誌などを再利用し、素材になりそうな部分を切り取って無料で配布するしおりを作ったり、分室の入り口付近にホワイトボードを置いて、毎月5冊お薦めしたい本を紹介したりもしている。  前井さんは「手作りの帯を付けたことで貸し出し回数が増えた本もある。私自身も楽しみつつ、いろんなアイデアを取り入れて取り組んでいる。毎回何かを楽しみにしながら分室に足を運んでいただけたらうれしい」と話している。

関連記事

藤ノ花女子高で「十二単」特別授業

 いにしえの文化に親しもうと、豊橋市老松町の私立藤ノ花女子高校で19日、十二単について学ぶ特別授業があった。生徒をモデルに着付けの実演もあり、平成の女子高生たちは平安貴族に思いをはせた。  国語で...

紀伊民報社

田辺花火大会募金箱を設置 50回記念で盛大に

 今年で50回目を迎える「田辺花火大会」(10月6日開催)を、節目にふさわしい盛大な大会にしようと、主催の和歌山県田辺市と田辺観光協会は県内で唯一打ち上げている2尺玉を昨年より3発多い5発、総打...

千歳高校で防災訓練 陸自11普連、空自2空団が協力

千歳高校(増田雅彦校長)は18日、自衛隊の協力で防災訓練を行った。陸自が負傷者などの搬送を、空自が火災発生時の対応などを、それぞれ指導する手厚い内容。大阪で震度6弱の地震が発生した日に、全校生徒...

宇部日報社

りんご園でブルーベリー狩り

 山口市阿東徳佐下の友清りんご園(友清光博代表)で16日、ブルーベリー狩りが始まった。摘みたてのフレッシュな味を求めて、県内外から多くの来園者が訪れている。7月20日ごろまで楽しめる。2003年...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク