全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

本の帯手作り 貸出期限票に「名言」も

田辺市立図書館中辺路分室にある手作り帯のコーナーと貸出期限票に掲載している名言(田辺市中辺路町栗栖川で)

 和歌山県田辺市中辺路町栗栖川の中辺路コミュニティセンター内にある「市立図書館中辺路分室」が、本の魅力を伝える帯を手作りして展示する取り組みをしている。貸した本に挟む貸出期限票には、読書にまつわる「名言」も掲載。担当している中辺路教育事務所の前井あずささん(26)は「読書をもっと楽しんでいただくきっかけになれば」と話している。

 本の帯の手作りは、前井さんの発案で数年前から始めた。本の魅力を紹介する印象的な言葉や簡単な内容の説明をイラストも交えながら、前井さんと関係者でこれまでに約100冊分作った。帯は分室内で本に付けて展示しているほか、帯だけを集めたノートも閲覧することができる。  また、貸出期限票の裏面には、前井さんが調べた読書にまつわる名言を掲載。  「今日の読書こそ、真の学問である。吉田松陰」 「読書、なかんずく小説を読む喜びは、もうひとつの人生を経験することができる、という点にある。山本周五郎」などの12種類の言葉で、前井さんは「気付いた方の中には、次が楽しみと言ってくださる方もおられる。もっと調べて種類を増やしたい」と意欲を見せる。  さらに、処分する雑誌などを再利用し、素材になりそうな部分を切り取って無料で配布するしおりを作ったり、分室の入り口付近にホワイトボードを置いて、毎月5冊お薦めしたい本を紹介したりもしている。  前井さんは「手作りの帯を付けたことで貸し出し回数が増えた本もある。私自身も楽しみつつ、いろんなアイデアを取り入れて取り組んでいる。毎回何かを楽しみにしながら分室に足を運んでいただけたらうれしい」と話している。

関連記事

長野日報社

きょうはお休みです 南箕輪村田畑で伝統行事「盆正月」

 南箕輪村田畑地区で17日、伝統行事「盆正月」が行われた。地域住民が盆休みの延長を求め区長や区長代理、会計、公民館長宅を封鎖。三澤稔区長(71)は、”仕方なく”区役員らに地区事務の休みを通達した...

本物の恐竜化石を修復体験

 恐竜「エドモントサウルス」の実物化石の修復体験が17日、豊橋市自然史博物館であり、抽選で選ばれた豊橋市の川﨑さん一家4人が破片の接着などを行った。  修復した化石は、開催中の特別企画展「体感!恐...

紀伊民報社

珍しいウナギの遡上 魚道の壁を進む

 夏の盛り、紀南の河川で絶滅危惧種のニホンウナギの幼魚が遡上(そじょう)している。垂直な魚道の壁に張り付くこともある。  幼ウナギの遡上は、主に夜間に見られ、特に河川が増水した時に多く、県立自...

新政府専用機、新千歳に到着 国内へ初飛来、2019年度運用開始

 2019年度から運用を開始する新政府専用機B777―300ER型機の1機が17日午前、内装工事を終えたスイスから新千歳空港に到着した。運用を担う航空自衛隊千歳基地の特別航空輸送隊は今後、機体整備...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク